『7月10日はなんの日?』米音楽界を代表する女性ソウル・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『7月10日はなんの日?』米音楽界を代表する女性ソウル・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『7月10日はなんの日?』米音楽界を代表する女性ソウル・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズの誕生日

『7月10日はなんの日?』米音楽界を代表する女性ソウル・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズの誕生日


 7月10日はステイプル・シンガーズとしての活躍でも知られる米音楽界の大御所女性シンガー、メイヴィス・ステイプルズの79歳の誕生日。

 メイヴィス・ステイプルズは1939年7月10日アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。名門レーベルSTAXの看板アーティストとして人気を博し、ロックの殿堂入りも果たしているゴスペル/ソウル・グループ、ステイプル・シンガーズのリード・シンガーであり、その力強い歌声でソロ・アーティストとしても成功を収めている。

 古くはカーティス・メイフィールド、80~90年代にはプリンスをプロデューサーに迎え、つねに新境地を開拓してきた彼女だが、2010年にはウィルコのジェフ・トゥイーディーをプロデューサーに起用した『ユー・アー・ノット・アローン』を発表し、グラミー賞を受賞。その後もトゥイーディーとのタッグで『ワン・トゥルー・ヴァイン』(2013年)、シー&ヒムのM・ワードをプロデューサーに迎え『リヴィン・オン・ア・ハイ・ノート』(2016年)、そして、昨年11月にはみたびトゥイーディーがプロデュースを手がけた新作『イフ・オール・アイ・ワズ・ワズ・ブラック』をリリース。一方でボブ・ディランの全米ツアーにも参加するなど、正真正銘のレジェンドでありながら現在進行形のシンガーとして現在も精力的に活動を続けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい