LUNA SEA、さいたまスーパーアリーナ公演はデビュー初期のツアーを再現

Billboard JAPAN

 LUNA SEAが、12月22日、23日に開催するさいたまスーパーアリーナ公演の正式タイトル【LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary-】を発表した。

 来る2019年に結成30周年を迎えるLUNA SEAが、そのイントロダクションとして提示したのは、メジャーデビューアルバム『IMAGE』を携えての全国ツアー【IMAGE or REAL】(1992年)と、メジャー2枚目(通算3枚目)のアルバム『EDEN』を携えての全国ツアー【SEARCH FOR MY EDEN】(1993年)を、それぞれ1日ずつ再現するというものだ。

 この2つのツアーの間に、初の日比谷野外音楽堂、そして初の日本武道館公演へと駆け上がっていったLUNA SEA。その後、モンスターアルバム『MOTHER』で一気に黄金期を迎え、東京ドーム公演まで上り詰めるわけだが、数多くのファンが映像でしか体験したことのない伝説のツアーだけに、絶対に見逃せない2日間となりそうだ。

 また、現在でも新旧織り交ぜた選曲で、時代の風化を感じさせないクオリティーのライブを魅せつけているが、この時代にしかほぼ演奏されていない曲も当然再現されることになるだろう。当時を知る者、未体験の者、新旧問わず大集結するSLAVE達に、今後ずっと語り継がれる狂気の祭典となることは間違いない。


◎公演情報
【LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary-】
<IMAGE or REAL>
2018年12月22日(土)
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
OPEN 15:30 / START 17:00
<SEARCH FOR MY EDEN>
2018年12月23日(日)
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
OPEN 14:30 / START 16:00

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック