カーリー・レイ・ジェプセン、ジャック・アントノフとスタジオ入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カーリー・レイ・ジェプセン、ジャック・アントノフとスタジオ入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カーリー・レイ・ジェプセン、ジャック・アントノフとスタジオ入り

カーリー・レイ・ジェプセン、ジャック・アントノフとスタジオ入り


 長年のコラボレーターで、親友でもあるカーリー・レイ・ジェプセンとジャック・アントノフとスタジオ入りしたようだ。
カーリー・レイ・ジェプセンによる投稿

 現地時間2018年7月1日、カーリーは自身のインスタグラムに「今夜@jackantonoffと私がスタジオで全く楽しんでない様子」とキャプションし、2人がレコーディング・ブースで楽しそうにポーズを決める写真を投稿。

 ジャックは、カーリーの『キス』(2012年)収録曲「Sweetie」を共作しているほか、彼女が2015年にリリースしたアルバム『エモーション』のためにいくつかの楽曲をコライトし、プロデュースも担当したが、それらの曲は最終的にはアルバムに収録されなかった。

 その後カーリーは、ジャックのプロジェクト、ブリーチャーズのデビュー作を女性アーティストがカヴァーした、2015年の『Terrible Thrills Vol. 2』で「Shadow」のヴォーカルを担当している。

 ジャック・アントノフは、カーリー以外にも、テイラー・スウィフト、ロード、シーア、セイント・ヴィンセントなどの作品を手掛けている。
 

◎カーリー・レイ・ジェプセンによる投稿
https://www.instagram.com/p/BktwoSvhY6E


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい