AORファン必聴、世界初・国内初CD化12曲含む『AOR AGE』監修の初コンピCDが発売決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AORファン必聴、世界初・国内初CD化12曲含む『AOR AGE』監修の初コンピCDが発売決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AORファン必聴、世界初・国内初CD化12曲含む『AOR AGE』監修の初コンピCDが発売決定

AORファン必聴、世界初・国内初CD化12曲含む『AOR AGE』監修の初コンピCDが発売決定

AORファンの為の人気ムック『AOR AGE』が監修した初のコンピレーションCD 『AOR AGE presents GEMS & RARITIES』が、7月25日にリリースされることになった。

 70~80年代のアダルト・オリエンテッド・ロック(=AOR)黄金期を支えたアーティストをメインに、名盤やアーティストのキャリアに徹底フォーカスした特集と最新インタビューで構成する、AORファンの為の人気ムック『AOR AGE』(シンコーミュージック刊)。その『AOR AGE』が監修した初のコンピレーションCD『AOR AGE presents GEMS & RARITIES』では、AORファン感涙必至のGEMS(ジェムズ=宝石:隠れた名曲)とRARITIES(レアリティーズ=初CD化曲の他、サントラ/シングル盤限定収録だった人気のレア曲など)を厳選。世界初・国内初CD化12曲を含むこだわりの全36曲を、高品質Blu-Spec CD2仕様の2枚組に収録している。

 また、ジャケットには、イラストレーター鈴木英人の作品(「恋するマイアミ」)を採用。ブックレットには、収録各曲の参加ミュージシャンやプロデューサー・クレジットなどの楽曲詳細データを掲載し、隅々までAOR愛が溢れる作品になっている。

 2015年6月に創刊した『AOR AGE』は、2018年7月現在、Vol.10までが発売。これまでに本誌特集で徹底解剖を行った名盤は、エアプレイ『ロマンティック』、TOTO『宇宙の騎士』、ボズ・スキャッグス『シルク・ディグリーズ』、スティーヴン・ビショップ『ケアレス』などで、執筆・監修はAORをこよなく愛する音楽ライター/選曲家/コンポーザーの中田利樹が務める。7月25日発売の最新刊Vol.11ではシカゴが1982年に発表した『CHICAGO 16』徹底解剖の他、マイケル・フランクスの最新インタビューをフィーチャーしたキャリア総括特集といった内容が予定されている。


◎リリース情報
アルバム『AOR AGE presents GEMS & RARITIES(ジェムズ&レアリティーズ)』
2018/07/25 RELEASE
SICP31176~7 3,000円(tax in.)

DISC1
01. ホーム/ニールセン・ピアソン・バンド
from 『The Nielsen Pearson Band』 (1978) 世界初CD化
02. ガールズ・ノウ・ハウ/アル・ジャロウ
from 『Night Shift』<OST>(1982) 国内初CD化
03. トゥー・オブ・アス/ラムゼイ・ルイス&ナンシー・ウィルソン
from 『The Two Of Us』(1984)
04. イフ・アイ・ハド・マイ・ウィッシュ・トゥナイト/デイヴ・ロギンス
from 『David Loggins』 (1979) 国内初CD化
05. ヘルピング・ハンド/サンズ・オブ・チャンプリン/
from 『A Circle Filled With Love』 (1976)
06. ヒア・アイ・ゴー(フォーリン・ラヴ・アゲイン)/フラニー・ゴールディ 
from 『Frannie』 (1979)  世界初CD化 
07. ゼアズ・ア・ソング・イン・イット・サムホェア/ロージー
from 『Last Dance』 (1977)
08. ガット・トゥ・ビリーヴ・イン・マジック/デヴィッド・ポメランツ
from 『Zapped!』 (1982)
09. カミン・ホーム・トゥ・ユー/マイケル・フランクス
Single only (1983)
10. ホワイ・ノット・ミー/フレッド・ノブロック
from 『Why Not Me』 (1980) 国内初CD化
11. パーソナリー/ジャッキー・ムーア
Single only (1978)
12. ドント・ウォーク・アウェイ/バッド・イングリッシュ
from 『Bad English』 (1989)
13. エンサージョ/ミゲール・ボセ
from 『Miguel』 (1980) 国内初CD化
14. アイム・ジャスト・ア・マン/ダン・ヒル
from 『Partial Surrender』 (1981) 世界初CD化
15. ハヴント・ウィ・メット/ケニー・ランキン Single only (1966)
16. ラーニング・トゥ・ラヴ・アゲイン/ポール・アンカ
from 『Headlines』 (1979)
17. アンナ/TOTO
from 『The Seventh One』 (1988)
18. タイム・アンド・タイム・アゲイン/マリーン
from 『Looking For Love』 (1984)

DISC2
01. アイ・ゲット・イット・フロム・ユー/ペイジズ
from 『Pages』 (1978)
02. ハヴ・ユー・エヴァー・ハッド・ザット・フィーリン/セシリオ&カポノ
from 『Night Music』 (1977)
03. ふたりだけの夜(スパニッシュ・ヴァージョン)/ロビー・デュプリー
from 『Robbie Dupree』 (1980) 国内初CD化
04. マーサ(ユア・ラヴァーズ・カム・アンド・ゴー)/ガブリエル
from 『Gabriel』 (1978) 世界初CD化
05. DJイン・マイ・ライフ/ジョセフ・ウィリアムス
Single only (1986) 世界初CD化
06. ビックス/エアプレイ
from 『Airplay』 (1980)
07. アムール/カール・アンダーソン from
『Absence With Out Love』 (1982) 国内初CD化
08. 想い出は何処へ/ラッセル・ヒッチコック
from 『Russell Hitchcock』 (1988)
09. ユール・ネヴァー・ノウ/ボズ・スキャッグス
B-side of Single “Heart Of Mine” (1988)
10. マイ・ハート・ストップス/エリック・カルメン
Single only (1992)
11. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー/ジョージ・デューク
from 『Guardian Of The Light』 (1983)
12. アイ・ホープ・ユール・ビー・ヴェリー・アンハッピー・ウィズアウト・ミー/タヴァレス
from 『New Directions』 (1982)
13. 見知らぬ人と/バリー・マニロウ
from 『Barry Manilow II』 (1974)
14. スピリッツ/ボビーダズラー
from 『Bobbidazzler』 (1977) 世界初CD化
15. キープ・ユア・スマイル/イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー  
Single only (1979) 
16. ユー・キャン・オールウェイズ・バイ・ハー・パールズ/ランディ・エデルマン
from 『You.FN"re The One』 (1979)
17. ウィ・ボウス・トライド/ビル・チャンプリン
from 『Single』 (1978)
18. 愛の報酬(インストゥルメンタル)/スティーヴ・キプナー


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい