【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクNo.1キープ、累計37週目の首位獲得でマイケル・ジャクソンの記録に並ぶ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクNo.1キープ、累計37週目の首位獲得でマイケル・ジャクソンの記録に並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクNo.1キープ、累計37週目の首位獲得でマイケル・ジャクソンの記録に並ぶ

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクNo.1キープ、累計37週目の首位獲得でマイケル・ジャクソンの記録に並ぶ


 ドレイクの「ナイス・フォー・ホワット」が2週連続、通算6週目のNo.1獲得となった、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 R&B/ヒップホップ・ソング・チャートと、ラップ・ソング・チャートでも同6週の首位をマークした 「ナイス・フォー・ホワット」。今週1位を獲得したことで、ドレイクは累計37週目の首位獲得を果たし、マイケル・ジャクソンと並び歴代7位タイに浮上した。次週7週目の首位獲得となれば、マイケルは8位に、ドレイクは単独7位となる。 男性ソロ・アーティストとしては、アッシャーに次ぐ歴代2位。

 上位は、1位がマライア・キャリーの79週、2位はリアーナの60週、3位はビートルズの59週、4位がボーイズIIメンの50週、5位がアッシャーの47週、6位はビヨンセの42週。この結果をみると、90年代以降のアーティストがほとんどで、80年代以前は長期に渡り首位をキープできなかったことがわかる。ちなみに、首位獲得数での歴代TOP3は、1位がビートルズ、2位がマライア・キャリー、3位がエルビス・プレスリーで、TOP10にはマドンナやスプリームス(同6位)、ホイットニー・ヒューストン (8位) などもいるが、総週でみるとTOP10にもランクインしていない。

 「ナイス・フォー・ホワット」 の他にも、11週のNo.1をマークした前曲「ゴッズ・プラン」が3位、フィーチャリング・アーティストとして参加したリル・ベイビーの「イエス・インディード」が6位にランクインし、今週も3曲をTOP10入りさせたドレイク。その「イエス・インディード」は、ストリーミング・チャートでチャイルディッシュ・ガンビーノの「ディス・イズ・アメリカ」を破り1位に浮上。リル・ベイビーは初、ドレイクにとっては5曲目のストリーミング・チャート首位獲得となった。

 ドレイクは、間もなく5作目のスタジオ・アルバム『スコーピオン』をリリースする予定で、「ゴッズ・プラン」、「ナイス・フォー・ホワット」に続く3rdシングル「アイム・アップセット」も、今週19位に初登場している。 「アイム・アップセット」は、 週間27,000ダウンロードを獲得し、デジタル・ソング・チャートでは3位に、2,100万視聴を記録しストリーミング・チャートでは11位にそれぞれ初登場したが、前2曲に比べると勢いが弱まっている。

 先週の19位から7位に再TOP10入りしたのは、カーディ・Bの新曲「アイ・ライク・イット」。同曲は、4月21日付アルバム・チャートで初登場1位に輝いたデビュー・アルバム『インベージョン・オブ・プライバシー』から4曲目のシングルで、アルバムのリリース翌週に8位に初登場した後、TOP10圏外にダウンしたが、 5月25日に正式なシングルとしてリリースされ、セールス、ストリーミングのポイントが上昇し再ランクインした。29日にはミュージック・ビデオも公開され、1週間で5,000万視聴を記録している。

 本作『インベージョン・オブ・プライバシー』からは、1stシングル「ボダック・イエロー」が3週連続の1位、2ndシングル「バーティエ・カーディ」が14位、3rdシングル「ビー・ケアフル」が11位まで上昇し、4曲全てがTOP20入り、 R&B/ヒップホップ・ソング・チャートとラップ・ソング・チャートでは、4曲全てがTOP10入りしている。

 カーディ・BのTOP10入りは、ニッキー・ミナージュとコラボしたミーゴスの「モータースポーツ」(6位)、ブルーノ・マーズの「フィネス」(3位)、エイサップ・ロッキーと参加したG・イージーの「ノー・リミット」(4位)含む通算5曲目。この曲は、昨年夏にビヨンセをフィーチャーした「ミ・ヘンテ」を大ヒットさせた J.バルヴィンと、プエルトリコのレゲトン・アーティスト=バッド・バニーがフィーチャーされていて、 J.バルヴィンにとってはその 「ミ・ヘンテ」(3位)に続く2曲目、 バッド・バニーは初のTOP10入りとなった。「アイ・ライク・イット」は、週間3,100万視聴を獲得し、ストリーミング・チャートでも先週の15位から5位にTOP10している。

 今週のアルバム・チャートで、デビュー・アルバム『ハンドリトゥン』から3作連続のNo.1獲得を果たした、ショーン・メンデスの新作『ショーン・メンデス』から、1stシングルの「イン・マイ・ブラッド」が先週の20位から11位に上昇し、TOP10入り目前となっている。また、同アルバム・チャートで15位から8位にランクアップした、米シカゴ出身の新人ラッパー=Juice WRLD(ジュース・ワールド)のデビュー・アルバム『Goodbye & Good Riddance』からは、先行シングル「Lucid Dreams」が先週の35位から15位にジャンプアップし、初のTOP20入りを果たした。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、6月8日予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク
2位「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」ポスト・マローン
3位「ゴッズ・プラン」ドレイク
4位「ディス・イズ・アメリカ」チャイルディッシュ・ガンビーノ
5位「ザ・ミドル」ゼッド、マレン・モリス、グレイ
6位「イエス・インディード」リル・ベイビー
7位「アイ・ライク・イット」カーディ・B、J.バルヴィン、バッド・バニー
8位「Boo'd Up」エラ・マイ
9位「メント・トゥ・ビーfeat.フロリダ・ジョージア・ライン」ビービー・レクサ
10位「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」アリアナ・グランデ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい