【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」14度目の首位、「アイネクライネ」も動画&ダウンロード再上昇でトップ10内に3曲チャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」14度目の首位、「アイネクライネ」も動画&ダウンロード再上昇でトップ10内に3曲チャートイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」14度目の首位、「アイネクライネ」も動画&ダウンロード再上昇でトップ10内に3曲チャートイン

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」14度目の首位、「アイネクライネ」も動画&ダウンロード再上昇でトップ10内に3曲チャートイン


 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週も、米津玄師「Lemon」
が14度目となる首位、そして先週に引き続き「LOSER」が2位となり、2週連続で1位、2位を米津玄師が獲得した。

 それぞれのポイント別に見てみると、ダウンロードは「LOSER」、「Lemon」いずれもポイントが上昇。「LOSER」は大きな伸びを見せ、今週ダウンロード順で1位を獲得した。ダウンロード順2位は「Lemon」で、「LOSER」の人気によって話題が再燃したことによるものだろう。動画再生数についても、2曲とも前週より伸びており、「Lemon」が472万回再生で2位、「LOSER」が247万回再生で4位となった。また、米津玄師「ピースサイン」も、ダウンロード、動画再生数、ツイート数が全て上昇し【ホット・バズ・ソング】15位から8位に再浮上。「アイネクライネ」も動画、ダウンロードともに上昇しており、「LOSER」の再燃に伴って、過去曲もデジタルを中心に軒並み再注目されている。

 続く3位はBTS (防弾少年団)「FAKE LOVE」が獲得。米HOT100でも10位を獲得というK-POP初の快挙を成し遂げた同楽曲は、日本でも動画が723万回再生で堂々の1位、ツイート数3位、ダウンロード23位となっている。そのほか、TWICE「What is Love?」がダウンロード、ツイートのポイントが再上昇し5位に。今週、ミニアルバムをリリースしたNCT 127「Chain」はツイート数1位で、【ホット・バズ・ソング】7位に食い込んだ。



◎今週のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年6月4日付)
1位「Lemon」米津玄師
2位「LOSER」米津玄師
3位「FAKE LOVE」BTS (防弾少年団)
4位「Wake Me Up」TWICE
5位「What is Love?」TWICE
6位「Don't Leave Me」BTS (防弾少年団)
7位「Chain」NCT 127
8位「ピースサイン」米津玄師
9位「シンデレラガール」King & Prince
10位「Drive」WANIMA


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい