【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新

【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新


 今週のCDシングル売上レポートから2018年5月28日~5月30日までの集計が明らかとなり、AKB48『Teacher Teacher』が2,610,110枚を売り上げて首位を独走している。

 本作はAKB48にとって52枚目のシングルで、6月16日に開催される【AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙】の投票用シリアルナンバーカードが封入されている。昨日発表されたフラゲ分の集計が2,580,513枚、それから約3万枚ほど積み、初動3日間での累計売上枚数は2,610,110枚。この数字は、AKB48歴代シングルの初週売上記録を更新する数字となっている。

 続いて、V6『Crazy Rays/KEEP GOING』が63,328枚を売り上げ2位に登場。両A面シングルとなった本作は、「Crazy Rays」が井ノ原快彦主演ドラマ『特捜9』主題歌、「KEEP GOING」がWOWOWスペインサッカーリーガエスパニョーラテーマソングと、ダブルタイアップとなっている。

 3位は、Da-iCE『FAKESHOW』。今年1月にリリースされたシングル『TOKYO MERRY GO ROUND』の初動3日間の売上35,641枚を上回る41,870枚のセールスを記録した。4位は、28,596枚を売り上げたGANG PARADE『GANG 2』。今作は今年4月に新メンバーを迎え、9人体制となってから初のシングルとなる。

 そして5位には、6月4日付の“Top Singles Sales”で1位を獲得したKing & Prince『シンデレラガール』が、リリース2週目前半も速報入り。なお、本作の発売以来の累計売上枚数は64万枚を突破した。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2018年5月28日~5月30日までの集計)
1位『Teacher Teacher』AKB48 2,610,110枚
2位『Crazy Rays/KEEP GOING』V6 63,328枚
3位『FAKESHOW』Da-iCE 41,870枚
4位『GANG 2』GANG PARADE 28,596枚
5位『シンデレラガール』King & Prince 23,948枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい