『関ジャム 完全燃SHOW』SUGIZOが明かす「関ジャニ∞は本当にロックバンド」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『関ジャム 完全燃SHOW』SUGIZOが明かす「関ジャニ∞は本当にロックバンド」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『関ジャム 完全燃SHOW』SUGIZOが明かす「関ジャニ∞は本当にロックバンド」

『関ジャム 完全燃SHOW』SUGIZOが明かす「関ジャニ∞は本当にロックバンド」


 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』が5月27日に放送。ゲストにSUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)、HISASHI(GLAY)、津野米咲(赤い公園)が出演した。

 日本の音楽シーンを牽引するギタリスト3名をスタジオに迎えての特集は『プロが本気で選ぶスゴいギターリフ&ギタリスト』。今回、100組以上のギタリストにアンケートを実施したという「プロが本気で選んだ!凄いギターリフ30選」では、T.レックスの「20センチュリー・ボーイ」やディープ・パープル「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、レニー・クラヴィッツ「自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)」など、誰もが一度は耳にしたことのある世界的ヒットナンバーのほか、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」、Hi-STANDARDの「STAY GOLD」、BUMP OF CHICKEN「天体観測」、ゲストのHISASHIが最近の楽曲の中で最もリフが印象的だったと語る[Alexandros]の「ワタリドリ」など、日本のロック史に残る名曲のリフも多数選ばれた。

 続く「日本ギタリスト列伝」のコーナーでは、日本ロックギター史のパイオニアCharを筆頭に、B’zとしてはもちろんソロでもワールドワイドに活躍する松本孝弘、ゲストのSUGIZOが「どうあがいても届かない、圧倒的レベルの高さ」と絶賛するジャズ/フュージョン界の名手、渡辺香津美など日本を代表する名ギタリストたちが紹介された。

 また、番組内で今は亡きX JAPANギタリストhideについて話が及ぶと、SUGIZOが後任ギタリストとしてX JAPAN加入を決断した理由やそれまでの葛藤、一部否定的な意見に対しての理解などを明かす一幕も。そのほか「変わり種ギター」の紹介や、HISASHIが前回出演した際にスタジオで演奏し好評を博した「スネ夫が自慢する時のBGM」の第二弾披露など、和気あいあいとした雰囲気のなかギタリストとその音色の魅力、奥深さをたっぷりと掘り下げる1時間となった。

 そして、この日のジャムセッションはゲスト3人とボーカル渋谷、ベース丸山、ドラム大倉によるLUNA SEA「STORM」。関ジャニ∞の音楽に対する情熱は以前から知っていたというSUGIZOだが、今回の共演を通じて「本当にロックバンドだった。」と改めて実感したことをスタジオで明かした。

 次回の『関ジャム 完全燃SHOW』は6月3日放送、ゲストにサカナクションが出演する。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:10~
※一部地域を除く


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい