さだまさし×ナオト、「ナオト・マサシ・インティライミ」名義で2曲発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さだまさし×ナオト、「ナオト・マサシ・インティライミ」名義で2曲発表

Billboard JAPAN
さだまさし×ナオト、「ナオト・マサシ・インティライミ」名義で2曲発表

さだまさし×ナオト、「ナオト・マサシ・インティライミ」名義で2曲発表


 45周年ツアー開催中の さだまさし。45作目となるニュー・アルバムでナオト・インティライミとコラボしていることが明らかとなった。

 5月12日よりデビュー45周年全国ツアーを地元・長崎からスタートし、45作目となるオリジナル・アルバム『Reborn ~生まれたてのさだまさし~』を7月4日にリリースする さだまさし。常に新しく、常に面白く、常に未知のものでありたいと思って歌ってきて、45周年の今年“生まれたてのさだまさし”という挑戦をしたい、と本人がコメントする今作は現在ツアーと併行して絶賛制作中となるが、この日のレコーディングで親交の厚いナオト・インティライミとのコラボレーションが実現した。

 コラボレーションの1曲は「きみのとなりに」で、この曲は2012年夏にふとしたきっかけで仲良くなったナオト・インティライミを誘って、同年10月に「震災後の町おこしの為に頑張っている地元のアマチュア音楽家達を応援する」という趣旨のNHKの震災支援番組で岩手県大船渡市を訪れた際、震災と大津波の被害の大きさとその凄惨な現場に声を失い、音楽家に一体何が出来るのかという喪失感と絶望感に襲われていた中で「今でしか書けない曲があると思う。今の思いを歌に刻もう。」と、二人して深夜から朝までかかって書いた曲。その日の朝、ほとんど寝ないまま大船渡リアスホールの【岩手県高等学校総合文化祭】の総合開会式で高校生達に贈る形で初演し、以後なかなかキチンと形に出来るチャンスがなかった幻の曲だが、ようやく作品として収めることが叶ったもの。

 もう1曲は「パスワード シンドローム」という完全なる新曲で、二人の何気ない雑談から始まり、やりとりをしながら一緒に作った楽曲。パソコンが生活の一部になり、今やスマートホンが生活の軸となってしまった現代社会を痛切に描いた、世代を超えたメッセージソングになっている。

 「きみのとなりに」「パスワード シンドローム」の作詞作曲クレジットは“ナオト・マサシ・インティライミ”で、サウンド・プロデュースはナオト・インティライミが担当。アニバーサリー・オリジナル作品『Reborn ~生まれたてのさだまさし~』を構成する2曲として収録されていく。

 5月22日には神奈川県・相模女子大学グリーンホール、24日に東京都・府中の森芸術劇場、25日に埼玉県・川口リリアメインホールでのステージを控えている さだまさし。45周年全国ツアーの詳細は現在7月公演まで発表されている。


◎リリース情報
アルバム『Reborn ~生まれたてのさだまさし~』
2018/7/4 RELEASE
<通常盤(CD)>
VICL-65021 3,400円(tax in.)

◎ツアー情報
【45周年全国ツアー”Reborn”】(情報解禁済公演)
5月12日(土)長崎ブリックホール ※終了
5月13日(日)長崎ブリックホール ※終了
5月19日(土)森のホール21 ※終了
5月22日(火)相模女子大学グリーンホール
5月24日(木)府中の森芸術劇場
5月25日(金)川口リリア
6月01日(金)広島文化学園HBGホール
6月02日(土)周南市文化会館
6月04日(月)倉敷市民会館
6月13日(水)日本特殊陶業市民会館
6月14日(木)日本特殊陶業市民会館
6月18日(月)神戸国際会館
6月20日(水)フェスティバルホール
6月21日(木)フェスティバルホール
6月30日(土)コラニー文化ホール
7月02日(月)神奈川県民ホール
7月05日(木)東京国際フォーラムホールA
7月06日(金)東京国際フォーラムホールA
7月12日(木)市民会館シアーズホーム夢ホール
7月14日(土)鹿児島市民文化ホール
7月15日(日)宮崎市民文化ホール
7月21日(土)宇都宮市文化会館
7月22日(日)ベイシア文化ホール
https://www.sada.co.jp/index.html


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい