石崎ひゅーいが音楽監督に就任 松居大悟×J-WAVEの舞台が2019年2月に開演

Billboard JAPAN

 松居大悟がナビゲートするJ-WAVE『JUMP OVER』発の舞台公演に、石崎ひゅーいが音楽監督として参加することが決定した。

 J-WAVEが2018年10月1日に開局30周年を迎えることを記念して、2019年2月に本多劇場(下北沢)で開催する松居大悟の舞台公演と連携したラジオ番組『JUMP OVER』。 この番組は、劇団ゴジゲンを主宰し、現在映画監督としても活躍する松居大悟がナビゲーターとなり、舞台の主人公となるリスナーを巻き込みながら、約1年先に行う舞台公演に向けて、作品のすべてをリスナーと共に作り上げていくプログラムとなっている。

 5月13日の放送に、番組オリジナルテーマ曲を担当した石崎ひゅーいが電話で生出演し、2019年2月の舞台公演で音楽監督を務めることが決定した。石崎ひゅーいが舞台の音楽監督を務めるのは今回が初めて。主演も含め未だ出演者は未定という、舞台公演としては超異例な中での今回の決定となった。松居大悟と石崎ひゅーいの舞台初コラボが、ステージにどのような新しい風を起こすのか。


◎番組情報
J-WAVE(81.3FM)『JUMP OVER』
毎週日曜 23:00~23:54

◎公演情報
【J-WAVE開局30周年記念・舞台公演】
2019年2月7日(木)~17日(日)予定
東京・下北沢 本多劇場
作・演出: 松居大悟
音楽: 石崎ひゅーい

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック