『5月13日はなんの日?』世代を超えて愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『5月13日はなんの日?』世代を超えて愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『5月13日はなんの日?』世代を超えて愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

『5月13日はなんの日?』世代を超えて愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日


 5月13日はスティーヴィー・ワンダーの68歳の誕生日。

 スティーヴィー・ワンダーは1950年5月13日アメリカ・ミシガン州サギノー生まれ。アメリカの名門レーベル、モータウンの顔として輝かしいキャリアを築いてきたスティーヴィーのデビューは、今から55年前の1962年。デビュー当時はなんと12歳という若さで、その翌年にはライブ・アルバム『12歳の天才』で全米ビルボードNo.1を獲得。13歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。以降、50年以上のキャリアのなかで「可愛いアイシャ」(1976年)、「心の愛」(1984年)、「パートタイム・ラヴァー」(1985年)など多数のヒット曲を放ち、また、その卓越した才能によりプレーヤー/プロデューサーとして数々のアーティストとのコラボレーションをおこない、音楽シーンで唯一無二の地位を築いてきた。

 キャリアを通じてジャンルや世代の異なるアーティストと積極的に共演を果たしてきたスティーヴィーだが、近年もダフト・パンクやアリアナ・グランデ、レディ・ガガなどトップ・アーティストたちとのコラボレーションを積極的におこない、現シーンにもその存在感を示し続けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい