木村カエラ 初の絵本に込めた思いを明かす「みなさんが悩んだときの支えになったらいい」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木村カエラ 初の絵本に込めた思いを明かす「みなさんが悩んだときの支えになったらいい」

Billboard JAPAN
木村カエラ 初の絵本に込めた思いを明かす「みなさんが悩んだときの支えになったらいい」

木村カエラ 初の絵本に込めた思いを明かす「みなさんが悩んだときの支えになったらいい」


 木村カエラが、自身初の描き下ろし絵本『ねむとココロ』の発売を記念して、2018年5月6日に東京・楽天クリムゾンハウスでトークショーとサイン会を実施。絵本の製作秘話や、絵本製作に影響を与えたお気に入りの作品を紹介し、子どもたちに向け即興で童謡を披露するなど和やかな会となった。
木村カエラ イベント写真(全10枚)

 4月22日に発売となった同作品は、モヤモヤした気持ちを抱える男の子・ねむがココロと出会い、本当の自分を取り戻していく物語。ストーリーはアルバム『PUNKY』に収録されている「BOX」がもとになっており、カエラは「製作がスタートした昨年の4月ごろ、まわりの子供たちが新しい季節にとまどいながらも、生きている姿を目の当たりにしました。そんなとき、自分の気持ちに正直でいてほしいという気持ちで書いたんです」とその心境を明かし、「この絵本を描き終わった時に、“言霊”という言葉が浮かびました。自分のやりたいことや気持ちを声にすることは、体を動かす力になるんですよね。だから生きるって難しいけれど、変わりたい!とか何かを動かしたいって思った時には、声に出すことが一つの方法なんじゃないかと。この本に込めたそんなメッセージが、みなさんが悩んだときの支えになったらいいなと思います」とも語っている。

 また、「歌詞を書く時は、頭に浮かんだ世界を言葉でしか表現できないもどかしさがあったりするんです。でも絵本は、絵と言葉があってすべて自分の頭の中の世界を表現できてとても幸せでした。構想に約1年、描き始めてから2週間くらいで完成。誰かが喜んでくれるかなって気持ちで描いてたら止まらなくて。デビュー当時を思い出しながら一心不乱に描きました」と自身の音楽活動と照らし合わせる場面もあった。

 続いて好きな絵本の話に。数あるなかでも、『新ウォーリーのふしぎなたび』(マーティン・ハンドフォード 唐沢則幸)は絵本作りに影響を与えた一冊だという。「ウォーリーで埋め尽くされたページに衝撃を受けたんです。『ねむとココロ』の中でねむが探し物をする“リボンの森”は、ここからイメージしたもの。リボーン(再生、復活)ともかけていて、“失った自分を取り戻すための森”って意味があります」。さらに『オオカミがとぶひ』(ミロコマチコ)も好きな一冊とのことで、「ミロコマチコさんの、動物が呼吸をしているような絵がすごく好き。天気をいろんな動物に表していて、くじゃくで星を表現したり、発想がめちゃくちゃおもしろい」とのこと。

 そして、絵本に登場する5個の絵に加え、11個の絵を描きおろした『ねむとココロ』LINEスタンプについても「自分でも使いまくっています(笑)」と話し、トークショー終了後はサイン会へ。この日は大人から子供まで、たくさんの人が来場。終始楽しそうなカエラさんの姿が印象的だった。イベント終了後、カエラは「今日はお子さんもいっぱいいて、いつものトークショーとは違う雰囲気でしたね! ひとりひとりとお話できて、とても楽しくて、より思いが伝わってくるし、私も頑張らなきゃ!と。そして自分がパワーを与えることができる存在なら、しっかりやらなきゃなって気持ちになりました」とその気持ちを語った。



◎発売情報
絵本『ねむとココロ』
2018/04/22 PUBLISH
著者:木村カエラ
定価:1400円(tax out.)
発行:株式会社KADOKAWA

LINEクリエーターズスタンプ
木村カエラ『ねむとココロ』
URL:https://bit.ly/2wmpS2p


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい