【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇


 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、遂に「Lemon」米津玄師が10週連続となる首位に輝いた。ダウンロード数も断トツNo.1で、動画再生数が2位、ツイートが7位と引き続き圧倒的な力をみせている。

 先週6位につけていた「シンクロニシティ」乃木坂46は、ダウンロード解禁をうけ、2位にジャンプアップ。ダウンロードは2位、ツイートは6位、動画再生数は21位で、25日のフィジカル盤リリースに牽引され、来週1位を獲得できるかが気になるところだ。ワンランクダウンとなった「What is Love?」TWICEは、動画再生数が1位、ツイートが3位と先週に引き続きTOP3圏内をキープしているもののダウンロードが先週6位から17位に下落している。

 今週総合チャート“Hot 100”4位の「アイラブユー」西野カナは、ダウンロード3位と好スタートをきり“HOT BUZZ SONG”4位に初登場。5位には、ダウンロード4位の「零 -ZERO-」福山雅治が続き、BTS(防弾少年団)の「DNA」は先週30位から6位に急上昇。同曲のミュージック・ビデオがYouTubeで最も再生されたK-POPグループによる動画になったことが、大きな話題となったことをうけ、ツイート2位に。動画再生回数も公開からTOP20圏内をずっとキープしており、その人気の高さが伺える。

 加えて「Alter Ego」RYUJI IMAICHI(7位)、「Take Me Under」MAN WITH A MISSION(9位)、「流星」藍井エイル(10位)は、いずれも今週リリースを迎えたことで、ダウンロード・ポイントに牽引され、TOP10に初エントリーしている。


◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年4月30日付)
1位「Lemon」米津玄師
2位「シンクロニシティ」乃木坂46
3位「What is Love?」TWICE
4位「アイラブユー」西野カナ
5位「零 -ZERO-」福山雅治
6位「DNA」BTS(防弾少年団)
7位「Alter Ego」RYUJI IMAICHI
8位「ドラえもん」星野源
9位「Take Me Under」MAN WITH A MISSION
10位「流星」藍井エイル


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい