伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開

伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開


 キューバのビッグバンド“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”の「アディオス(さよなら)」世界ツアーを収めたヴィム・ヴェンダース製作総指揮の音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月20日に公開されることが決定し、併せてポスタービジュアルが解禁された。

 “ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”とは、アメリカのギタリストであるライ・クーダーがキューバを旅した際、当時92歳のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを集めたビッグバンドだ。1997年に発売された同名アルバムは、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる900万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞。また、ヴィム・ヴェンダース監督の同名ドキュメンタリー映画は1999年に全米公開、日本でも2000年に公開し大ヒットを記録すると、アカデミー賞(R)長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。日本でもミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げ、その熱狂は、音楽・映画にとどまらず、サルサダンスのブームをはじめとする社会現象へと広がることとなり、世界の音楽シーンに驚きと至福のセンセーションを巻き起こした。

 あれから18年。本作では、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”世界ツアーが収められている。この度完成した日本版ポスターには、キューバらしいカラフルな車と、バンドでギター・ボーカルを務めるエリアデス・オチョアの後ろ姿が描かれ、「18年の愛をこめて。」という印象的なキャッチコピーは、前作からのメンバーたちの人生と、これで最後と決めた“さよなら”の思いを想起させるメッセージとなっている。なお、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』は7月20日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。


◎公開情報
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース 他
監督:ルーシー・ウォーカー
原題:Buena Vista Social Club: Adios/2017年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/110分/
字幕翻訳:石田泰子
後援:駐日キューバ共和国大使館 インスティトゥト・セルバンテス東京 日本人キューバ移住120周年
配給:ギャガ
(C)2017 Broad Green Pictures LLC


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい