【ビルボード】まねきケチャ「鏡の中から」、アニメ・チャートで首位獲得! 藍井エイル「流星」が早くもDL上位に

2018/04/25 14:50

【ビルボード】まねきケチャ「鏡の中から」、アニメ・チャートで首位獲得! 藍井エイル「流星」が早くもDL上位に
【ビルボード】まねきケチャ「鏡の中から」、アニメ・チャートで首位獲得! 藍井エイル「流星」が早くもDL上位に


 4月30日付(集計期間:4月16日~4月22日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング・テーマに起用されているまねきケチャ「鏡の中から」が首位に立った。
 「鏡の中から」は、まねきケチャの新体制5名としては初となるシングルの表題曲で、TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期エンディング主題歌。同曲は、強いセールス力を持つ“アイマス”や“バンドリ”らのシリーズの楽曲を抑え、今週は断トツのセールス・ポイントで1位を獲得している。またセールスが強かった楽曲では、『アイマス』シリーズより「∀NSWER」や「そしてぼくらは旅にでる」などがチャート・インしている。
 また、2位の星野源「ドラえもん」(『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌)と3位の福山雅治「零 -ZERO-」(映画『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌)は今週も接戦を続けている。映画が公開されて間もないということもあり、「零 -ZERO-」はラジオの再生回数とダウンロードとTwitterで上位をキープ、一方の「ドラえもん」はルックアップ、ストリーミングなどで未だに高いポイントをキープしている。
 そして、TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』オープニング・テーマで藍井エイル「流星」が初登場7位にチャート・イン。6月のリリースに先駆けて配信が行われ、ダウンロードで1位を獲得。さらに、2016年11月に開催された日本武道館でのライブをもって活動休止していた藍井エイルの復帰ということもあり、「感動!」「ついに帰ってきた!」と話題になったTwitterでも今週2位を獲得している。今後のチャート動向も要チェックだ。
 そして、20位に初登場となったのはTVアニメ『ヲタクに恋は難しい』オープニング・テーマでsumikaの「フィクション」。今週ラジオの再生回数で2位、Twitterで4位を獲得している同曲だが、次週以降にはセールス・ポイントが加算されるため、こちらの楽曲も順位を上げてくるのか注目していきたい。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「鏡の中から」まねきケチャ
2位「ドラえもん」星野源
3位「零 -ZERO-」福山雅治
4位「∀NSWER」早坂美玲(CV:朝井彩加)、森久保乃々(CV:高橋花林)、星輝子(CV:松田颯水)
5位「打上花火」DAOKO×米津玄師
6位「笑一笑~シャオイーシャオ!~」ももいろクローバーZ
7位「流星」藍井エイル
8位「クインティプル☆すまいる」香澄(CV:愛美)×蘭(CV:佐倉綾音)×彩(CV:前島亜美)×友希那(CV:相羽あいな)×こころ(CV:伊藤美来)
9位「ピースサイン」米津玄師
10位「NOISY LOVE POWER☆」大橋彩香

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】藍井エイル「流星」がアニメ・チャートでついに首位獲得、菅田将暉の話題曲が早くも初登場

    【ビルボード】藍井エイル「流星」がアニメ・チャートでついに首位獲得、菅田将暉の話題曲が早くも初登場

    Billboard JAPAN

    6/20

    【ビルボード】KAT-TUN「Ask Yourself」が14.4万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」10週連続ダウンロード1位

    【ビルボード】KAT-TUN「Ask Yourself」が14.4万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」10週連続ダウンロード1位

    Billboard JAPAN

    4/25

  • 氷川きよし、『ゲゲゲの鬼太郎』 おなじみの主題歌を歌う EDにはまねきケチャ

    氷川きよし、『ゲゲゲの鬼太郎』 おなじみの主題歌を歌う EDにはまねきケチャ

    Billboard JAPAN

    3/5

    【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャート首位に返り咲き

    【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャート首位に返り咲き

    Billboard JAPAN

    5/23

  • 【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く

    【ビルボード】ジェジュン「Defiance」がアニメ・チャートで断トツ首位 水樹奈々/藍井エイルが続く

    Billboard JAPAN

    10/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す