故アヴィーチー、亡くなる直前までニューALを制作していた リリースの可能性は「全く分からない」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故アヴィーチー、亡くなる直前までニューALを制作していた リリースの可能性は「全く分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故アヴィーチー、亡くなる直前までニューALを制作していた リリースの可能性は「全く分からない」

故アヴィーチー、亡くなる直前までニューALを制作していた リリースの可能性は「全く分からない」


 故アヴィーチーが亡くなる直前までニュー・アルバムの制作に励んでいたことを、ゲフィン・レコード社長のニール・ジェイコブソンが米バラエティ誌に明かした。

 アヴィーチーがブレイクするきっかけとなった「レヴェルズ」から長年彼のA&R担当役員だったジェイコブソンは、彼が亡くなる2日前に話したばかりだったと語っている。アヴィーチー、本名ティム・バーグリングは4月20日にオマーンのマスカットで亡くなっているのが見つかった。享年28歳だった。

 「我々は(新作を)制作していた。正直言って何年かぶりの傑作だった。僕は彼のアルバムを全てA&Rしているから分かるんだ。彼はやる気で満ちていた。すごく気合が入っていた。1か月間集中的に仕事をしていたこともあった。ティムの性分から、16時間ぶっ通しで仕事をしてしまったりするから終了時間を設定しなければならなかった。引っ張り出してやる必要があった。“ティム、もういいだろう、寝なよ、休みなよ”ってね。これはまさに悲劇だ。素晴らしい、魔法のような音楽が残されているんだ」と彼は語っている。

 彼はまた、アルバムに数名のフィーチャー・アーティストも参加していることを認めたが名前は明かしたくないと話し、「このアルバムの為に連絡したいとティムが考えていた人たちが何人かいた。実は2日前に彼から受けた連絡とはこのことで、ずっと頭から離れないんだ」と説明している。

 アヴィーチーが作業を進めていた新曲の数々や、遺作となってしまったニュー・アルバムのリリースの可能性については“全く分からない”とジェイコブソンは話しており、少し落ち着いた頃に遺族とゆっくり話し合いながら可能な限りアヴィーチーの意思を汲みたいとしている。

 現段階でアヴィーチーの死因は明らかにされていないが、薬物の過剰摂取の可能性について聞かれたジェイコブソンは、「本当に知らないからなんとも言えない。ただ、自分に言えることは、(薬物依存の)噂が本当だとしたら、目撃していたと思うんだ。でもあれだけ彼と一緒にいたけれど、何も見たことはなかった。彼はパーティ(で騒いだり)しなかった。DJを聴く為にクラブに行っていた」と答えている。

 「彼は芸術や創造性を尊敬していた。彼は偉大な芸術家になる為に努力していた。“このレコードはこれで十分だろう、これで行こう”とは絶対に言わず、最高でなければならなかった。僕は彼のそういうところを恋しく思うだろう」と彼は話している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい