「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク(Song Review)

2018/04/19 12:30

「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク(Song Review)
「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク(Song Review)


 米ビルボード・アルバム・チャートで通算12週の首位を記録した『ヴューズ』(2016年4月)から2年振り、5作目のスタジオ・アルバム『スコーピオン』を2018年6月にリリースすると発表したドレイク。本作からの先行シングルとしてサプライズ・リリースした「ナイス・フォー・ホワット」は、発売翌週に早速米ビルボード・ソング・チャート(HOT100)初登場1位に輝いた。
 制作/プロデュースは、『ヴューズ』収録の「ウィズ・ユー」や、前作『モア・ライフ』の「ポートランド」等を担当したマーダー・ビーツ、前曲「ゴッズ・プラン」を手掛けた同郷トロントの音楽プロデューサー=ノア“40”シェビブが担当。
 同曲には、ローリン・ヒルの「エックス・ファクター」がサンプリングされていて、メインフレーズの“Care for me, care for me I know you care for me~”にドレイクが巧みなラップを重ねる。原曲の早回しやラップの手法含め、初期のカニエ・ウェストを彷彿させる。ちなみに、このボーカルを担当したのは、ビヨンセのヒット曲「フォーメーション」(2016年)のミュージック・ビデオの参加で注目された、“バウンスの女王”ことビッグ・フリーダ。
 「ナイス・フォー・ホワット」と同じタイミングでリリースされた、フィーメール・ラッパー=カーディ・Bの新曲「ビー・ケアフル」にも使用されたことから、サンプリング・ソースである「エックス・ファクター」も再燃している。この曲が収録されたローリン・ヒルのソロ・デビュー作『ミスエデュケーション』は発売から20周年を迎え、アルバムの記念ツアーを開催すると先日発表されたばかり。以前は「ドゥー・ワップ」をサンプリングしたこともあり、このタイミングで使ったのは彼女へのリスペクトか。
 ドレイク節全開の歌モノ「ホットライン・ブリング」(2015年)とも、「ワン・ダンス」(2016年)や「パッションフルーツ」(2017年)といったトロピカル・チューンとも違う、2000年代初めのバウンス的要素を含む「ナイス・フォー・ホワット」。ドレイクがリスナーに飽きられないのは、サウンドやラップ(ボーカル)が常に進化し続けるからだろう。音楽評論家も、「サンプリングが上手く使われている」、「女性へのアプローチも完璧」などと絶賛。ローリンの名曲が使われていることもあり、馴染み難い日本の女性リスナーも聴きやすいトラックに仕上がっている。
 発売同日に公開されたミュージック・ビデオも面白い。子役時代から活躍するヤラ・シャヒディや、コメディアンとしても高い人気を誇るティファニー・ハディッシュ、人気ドラマ『インセキュア』でブレイクしたイッサ・レイなどの女優が出演し、様々なシーンで活躍する女性に焦点を当てている。ドレイクはあくまで“サブ”という、控え目な姿勢にも好感が持てるし、計算高いともいえる展開・完成度の高さには感服する。
 この曲の2か月前にリリースした「ゴッズ・プラン」は、「ナイス・フォー・ホワット」が初登場1位にデビューする前週まで通算11週の首位マークし、ワン・ツー・フィニッシュを飾った。初登場の楽曲による首位の入れ替わりは歴代初で、その他にも25曲目のTOP10入りを果たし男性ソロ・アーティストでは歴代4位に輝くなどの快挙を達成しているドレイク。衰え知らずのこの人気に、カニエやジェイ・Zも(セールス面では)敵わない。まさに、キング・オブ・ヒップホップ!

Text: 本家 一成
◎リリース情報
「ナイス・フォー・ホワット」
ドレイク
2018/4/6 RELEASE

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク、「ゴッズ・プラン」に代わり新曲「ナイス・フォー・ホワット」が首位に

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク、「ゴッズ・プラン」に代わり新曲「ナイス・フォー・ホワット」が首位に

    Billboard JAPAN

    4/17

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがチャート席巻、TOP10に7曲エントリーでビートルズの記録破る

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがチャート席巻、TOP10に7曲エントリーでビートルズの記録破る

    Billboard JAPAN

    7/10

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】チャイルディッシュ・ガンビーノ初登場1位、エド・シーランTOP10返り咲き

    【米ビルボード・ソング・チャート】チャイルディッシュ・ガンビーノ初登場1位、エド・シーランTOP10返り咲き

    Billboard JAPAN

    5/15

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」3連覇、アリアナ新曲3位デビュー

    【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」3連覇、アリアナ新曲3位デビュー

    Billboard JAPAN

    5/1

  • ドレイクとカーディ・Bが新曲でサンプリング!ローリン・ヒル「エックス-ファクター」とはどんな曲?

    ドレイクとカーディ・Bが新曲でサンプリング!ローリン・ヒル「エックス-ファクター」とはどんな曲?

    Billboard JAPAN

    4/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す