HKT48、11thシングル『早送りカレンダー』MV公開 なこみくWセンターの“HKT48流夏ソング”

2018/04/10 12:10

HKT48、11thシングル『早送りカレンダー』MV公開 なこみくWセンターの“HKT48流夏ソング”
HKT48、11thシングル『早送りカレンダー』MV公開 なこみくWセンターの“HKT48流夏ソング”

 HKT48の2018年第1弾シングル『早送りカレンダー』のミュージックビデオが、オフィシャルYouTubeで公開となった(https://youtu.be/4gMAun5RyZA)。
 今作は3期生の同い年仲良しコンビ、田中美久、矢吹奈子の“なこみく”による初のWセンター曲として、ファンの間では既に注目を集めていたが、ついにその全貌が明らかになった。
関連画像一覧
 今回のMVは、HKT48として初めてとなる、地元・福岡で撮影された記念すべきミュージックビデオで、ヤフオクドームをはじめ、キャナルシティ博多や那珂川遊歩道、博多ポートタワー、マリンメッセ福岡や百道浜、福岡タワー等々、様々な建物などをHKT48のメンバーがカラフルに色づけしていくという、メンバーたちの瑞々しいパフォーマンスがつまった HKT48流夏ソングだ。他にも、博多駅や福岡市役所、川端商店街、オープントップバスで市内を巡るシーンなど、福岡の人にとっては馴染み深い場所が随所に登場し、撮影場所は後にファンの間で、“聖地巡り”としても話題を呼びそうだ。
 さらにダンスも印象的で、サビでみせる親指と人差し指でつまむような振りは、今作の振り付けを担当したCRE8BOY(クリエイトボーイ)により、“つまんでね”の博多弁“つまみんしゃい”という言葉を文字って“つまみんダンス”と名付けられ、HKT48が持つ明るさやポップな魅力が存分に詰まったキュートなダンスを全編にわたって披露してくれている。もちろん、地元での撮影だからこそ見られるメンバーたちの自然な笑顔も、今作の見どころだろう。

◎リリース情報
11th Single『早送りカレンダー』
2018/5/2 RELEASE
<TYPE A>
UPCH-80490 1,524円(tax out)
<TYPE B>
UPCH-80491 1,524円(tax out)
<TYPE C>
UPCH-80492 1,524円(tax out)
<劇場盤>
PRON-5026 952円(tax out)
(C)AKS

あわせて読みたい

  • 【深ヨミ】HKT48『早送りカレンダー』セールス動向から見る、西日本や九州への影響度

    【深ヨミ】HKT48『早送りカレンダー』セールス動向から見る、西日本や九州への影響度

    Billboard JAPAN

    5/14

    【深ヨミ】HKT48『意志』指原莉乃ラストシングルの地域別販売動向は?

    【深ヨミ】HKT48『意志』指原莉乃ラストシングルの地域別販売動向は?

    Billboard JAPAN

    4/22

  • 【ビルボード】HKT48『早送りカレンダー』173,625枚を売り上げてシングル・セールス首位

    【ビルボード】HKT48『早送りカレンダー』173,625枚を売り上げてシングル・セールス首位

    Billboard JAPAN

    5/7

    指原莉乃のラストシングル、HKT48『意志』のMV解禁

    指原莉乃のラストシングル、HKT48『意志』のMV解禁

    Billboard JAPAN

    4/1

  • 堂本剛ソロプロジェクトが総合首位、HKT48「早送りカレンダー」SG1位、ベビメタ全米ツアー開始:今週の邦楽まとめニュース

    堂本剛ソロプロジェクトが総合首位、HKT48「早送りカレンダー」SG1位、ベビメタ全米ツアー開始:今週の邦楽まとめニュース

    Billboard JAPAN

    5/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す