<ライブレポート>ベリンダ・カーライル、ファン垂涎のセットリストで、新生活のスタートにふさわしい爽やかなステージ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>ベリンダ・カーライル、ファン垂涎のセットリストで、新生活のスタートにふさわしい爽やかなステージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<ライブレポート>ベリンダ・カーライル、ファン垂涎のセットリストで、新生活のスタートにふさわしい爽やかなステージ

<ライブレポート>ベリンダ・カーライル、ファン垂涎のセットリストで、新生活のスタートにふさわしい爽やかなステージ


 ゴーゴーズ(The Go-Go's)のヴォーカリストを経て、ソロ・シンガーとしても今なお活躍するベリンダ・カーライルの大阪公演が、4月2日に行われた。
ライブ写真一覧

 彼女のヒット曲は、MTVやベストヒットUSAなど洋楽番組の全盛期に発表されチャートを大いに賑わせた。ラジオやテレビから届くお気に入りの曲を、一生懸命録音して作ったマイ・ベストを宝物にしていた世代が、メディアの制作側で活躍する時代になった今、様々なシチュエーションで使用され、80'sポップスは世代を超えて愛される楽曲へと進化を続けている。

 そんな、青春のスターがほんの数メートルの距離に登場するのだ。期待を裏切らないベリンダの変わらない美貌と、余すところなく届くヒットナンバーのシャワーは、ファン垂涎のセットリストといって過言ではないだろう。ベリンダのキュートでセクシーなステージパフォーマンス、リズム隊の刻むビートとメロディ隊の奏でる心躍る旋律、すべてがバランスよく懐かしくもあるが、褪せることのない青春を鮮やかに思い出させてくれるものだった。うっとりと、全身に染み入らせるようにステージを見つめる人、楽しさを全力で体現しベリンダの視線を射止める人。皆、思い思いの方法で束の間のタイムスリップを楽しみ、ほくほくした笑顔で会場を後にした。

 初夏の気配すら漂う4月初旬。ベリンダ・カーライルのステージは、春の晴れた空のように屈託なく前向きで、新しい季節のスタートにぴったりの爽やかなものだった。

 ベリンダのステージを楽しんだ人たちは、その夜キラキラした80'sの思い出に浸った幸福な夢をみたに違いない。なお大阪公演は終了したが、4日~5日の二日間に渡りビルボードライブ東京で公演が開催される。

photo:塚田智一

◎公演情報
【ベリンダ・カーライル】

ビルボードライブ大阪
2018年4月2日(月)※終了

ビルボードライブ東京
2018年4月4日(水)~5日(木)
1st Stage Open 17:30 Start 19:00
2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい