JY(知英)“星が降る”前代未聞のSPライブで届ける美しい歌声! 岩井俊二がおくる映像美に酔いしれる

Billboard JAPAN

 4月2日、東京・コスモプラネタリウム渋谷にて、JY(=知英)による新曲「星が降る前に」(3月28日発売)のリリースを記念したスペシャルライブが開催され、多数の応募のなか見事当選した幸運な100名のファンが参加した。
JY 美しいライブ写真(5枚)

 新曲「星が降る前に」は、動画再生サイトにて関連動画含め4000万回以上の再生を誇るなど、多くの注目を集めるJYの最新楽曲で、映画監督・岩井俊二が作詞・楽曲プロデュース・ミュージックビデオ監督の3役を務め、岩井氏が作詞を手掛けた「星が降る前に」と題された共通の歌詞をもとに、5名の豪華プロデューサー(岩井俊二、亀田誠治、Seiho、MONJOE(DATS / yahyel)、山本加津彦)がそれぞれ楽曲を制作する新しい試みの作品となっている。

 イベント冒頭のトークパートには、代表曲「好きな人がいること」など、今までのJYの楽曲を多数手掛け、今回も「星が降る前に Prod by 山本加津彦」をプロデュースした、山本加津彦氏も登場。「プロジェクトのきっかけは?」とのMCからの質問に、「たまたま岩井さんとLAで出会ったんですけど、夜にご飯を食べに行った帰りに岩井さんとご一緒した車内で、すごく月が綺麗で。ふと「綺麗だなぁ」と呟いた私の姿を岩井さんが見て、この歌詞が浮かんだらしいです。」と答えたJY。続けて「そして岩井さんの歌詞をもとに曲を発注させて頂いたら、どの曲もすごく良くて。もう全部作っちゃえ。ってなったんです。」と制作秘話も明かした。

 トークパートの最後には、リード曲となる楽曲「星が降る前に Prod by 岩井俊二」のミュージックビデオも上映。背景の動きをハイスピードカメラでスローモーションにしてとらえるために「倍速リップ」という手法が採用されたというミュージックビデオの想い出を、振り返ったJY。会場のファンと一緒に、まさに岩井俊二監督ならではの映画さながらの映像美を堪能した。

 その後のライブパートでは、同歌詞の5曲を一挙に披露。まずは、プラネタリウムで“星が降る”演出のなか、岩井俊二と亀田誠治がプロデュースした2曲をメドレーで歌いはじめると、客席のファンは、満天の星空を見上げながら聴くJYの優しい歌声に酔いしれた。

 岩井、亀田という大御所が手掛けた2曲に続いては、新進気鋭のクリエイターであるSeihoとMONJOE(DATS / yahyel)がプロデュースした2曲をメドレーで披露。この曲中にJYは、星空から一転、明るくなった客席を歩きはじめると、まさかの嬉しい展開に喜ぶファンとの交流を楽しんだ。

 JYがステージに戻ると、先ほどトークパートでも登場した、山本加津彦が再ひステージに。最後は、山本によるピアノ生演奏で「星が降る前に Prod by 山本加津彦」を披露。これまで数々の楽曲をともに紡ぎだしてきた二人ならではの、まさに息の合ったコラボレーションに、思わず涙を流してしまうファンも。こうして、同じ歌詞で全く違う5曲を歌い切るという、前代未聞のライブは幕を閉じた。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック