コブクロ “1×1=無限大”楽曲に込めたメッセージ彩る新曲「ONE TIMES ONE」ミュージックビデオ公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コブクロ “1×1=無限大”楽曲に込めたメッセージ彩る新曲「ONE TIMES ONE」ミュージックビデオ公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
コブクロ “1×1=無限大”楽曲に込めたメッセージ彩る新曲「ONE TIMES ONE」ミュージックビデオ公開

コブクロ “1×1=無限大”楽曲に込めたメッセージ彩る新曲「ONE TIMES ONE」ミュージックビデオ公開


 4月11日に発売となるコブクロのニューシングル「ONE TIMES ONE」のミュージックビデオが公開となった。

 この楽曲は、本日4月3日より放映となるコブクロ本人出演「アサヒもぎたて」2018宣言篇 新TVCMソング。撮影は2月末に夕方から行われ、コブクロMVには珍しい夜間の外ロケ撮影となった。この日は、あいにく深夜から雨予報。撮影終了予定時刻は、深夜2時だったこともあり、予定されているロケ場所6箇所を時間を気にしながらの撮影。

 「ONE TIMES ONE」とは、「1×1」という意味で、1×1の答えは「1」ではなく、無限大。人と人との出会いによって、可能性は無限大に広がる。といった、メッセージが込められていることから、撮影は、小渕と黒田、別々のシーンで多くが構成された。小渕撮影は、人通りの少ない場所での撮影だったにも関わらず、黒田はなぜか、帰宅するサラリーマンが多い時間帯に人通りの激しい街中での撮影。「恥ずかしい・・・」と、とまどいながらも、真剣にリップシンクしていく。ソロシーンの撮影にも、お互い近くで撮影を見守り2人の仲が良い様子が伺えた。途中、様々なキャラクターのキャストが現れるのは、ファンタジーなキャストで楽曲の壮大感と、華やかさを表現。様々な出会いの中で、自分に足りない何かをくれる誰かと出会ったり、また誰かと気持ちや言葉、エネルギーを交換し合うようなイメージも表現されている。

 撮影後半、あと2箇所で撮影終了というタイミングで、雨に降られ、傘を刺しての撮影。MV撮影で雨に降られるのは今年9月で結成20周年を迎える2人にとっても初の経験。しかし、歌詞の中に、「歓喜の雨 共に浴びよう」という歌詞がある事から、“狙った通り”とポジティブに解釈。ラストのシーンでやっと小渕と黒田が合流し、雨の中高らかに大サビを歌い上げ、撮影は深夜2時半頃終了。20周年に向かっていくポジティブなコブクロの、最新MVは必見である。


◎YouTube コブクロ「ONE TIMES ONE」
https://youtu.be/pe149PAumHk

◎リリース情報
シングル『ONE TIMES ONE』
2018/4/11 RELEASE
<初回限定盤> WPCL-12858 1,800円(tax out.)
<通常盤> WPCL-12857 1,204円(tax out.)

・iTunes Storeプレオーダー(予約注文)と各配信サイト
https://kobukuro.lnk.to/otopr


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい