ロード、シカゴ公演でカニエ・ウェストをカヴァー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロード、シカゴ公演でカニエ・ウェストをカヴァー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ロード、シカゴ公演でカニエ・ウェストをカヴァー

ロード、シカゴ公演でカニエ・ウェストをカヴァー


 ロードが【メロドラマ・ワールド・ツアー】の一環として、米シカゴにて2018年3月27日に公演を行った。

 この日、ロードは全18曲のライブを行ったが、その中で地元がシカゴであるカニエ・ウェストの楽曲を2度もカヴァーした。まず中盤で「ラブ・ロックダウン」のアカペラ・バージョンを披露した彼女は、その後「ライアビリティー」を歌った際に、カニエの「ランナウェイ」をマッシュアップした。ファンの投稿によると彼女はライブ中に「カニエと地元が同じなんて素敵ね」と観客に語りかけたとのことだ。

 ロードは、ほぼどの日程でもフランク・オーシャンの「ソロ」をカヴァーしてるが、シカゴでカニエの曲を披露したように、米ミネアポリスではプリンスの「ダイ・フォー・ユー」、米ネブラスカではブルース・スプリングスティーンのアルバム『ネブラスカ』にちなんで彼の曲「アイム・オン・ファイア」と自身のアルバム『ピュア・ヒロイン』収録曲「400ラックス」のマッシュアップを披露している。


◎ファンによる投稿
https://twitter.com/epocza/status/978867896385523712
https://twitter.com/CadillacGabe/status/978855553316376577


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい