『3月25日はなんの日?』“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月25日はなんの日?』“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月25日はなんの日?』“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの誕生日

『3月25日はなんの日?』“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの誕生日


 3月25日は、数々のヒット曲とともに輝かしいキャリアを築きあげてきた、アメリカ音楽史を代表する偉大な女性シンガーであり“ソウルの女王”、アレサ・フランクリンの76歳の誕生日。

 アレサ・フランクリンは1942年3月25日、アメリカ・テネシー州メンフィス生まれ。これまでに、女性アーティストとしては最多記録となる73曲を全米ビルボード・チャートに送り込んできたアレサ。実は同記録は2017年にニッキー・ミナージュによって更新されてしまったが、“ソウルの女王”としてアメリカ音楽界から絶大なリスペクトを受ける存在であることは今も変わらない。

 近年はインタビューなどで「引退」という言葉を口にし、その意思を表明しているが昨年11月にはソウルの名門アトランティック・レコードとの契約50周年を記念し、アレサの名演にオーケストラ・アレンジを組み合わせたアルバム『ブラン・ニュー・ミー:アレサ・フランクリン&ザ・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』を発表。また、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン、ライオネル・リッチーらを迎えてニュー・アルバムも制作中とのこと、これが彼女にとってのラスト・アルバムになるとされている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい