『3月24日はなんの日?』来日も控える英国ロック界の大御所、ニック・ロウの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月24日はなんの日?』来日も控える英国ロック界の大御所、ニック・ロウの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月24日はなんの日?』来日も控える英国ロック界の大御所、ニック・ロウの誕生日

『3月24日はなんの日?』来日も控える英国ロック界の大御所、ニック・ロウの誕生日


 3月24日は英国ロック界の大御所/名プロデューサーとして知られるニック・ロウの69歳の誕生日。

 1969年に結成したバンド、ブリンズリー・シュウォーツで「パブロック」というジャンルの確立に貢献したニック・ロウ。大きなコンサートホールではなく、パブのような親密な場所でライブを行うことにその名が由来するパブロック・シーンのアーティストたちは、労働者階級を意識した歌詞やその活動スタイルで多くの若者たちに愛され、その音楽と精神はのちの英国パンク・ロックにも絶大な影響を与えた。ニック・ロウが在籍したバンド、ブリンズリー・シュウォーツは1975年の解散までに6枚のアルバムを発表。なかでも3rdアルバム『シルバー・ピストル』(1972年)は、パブロックを語る上で欠かせない1枚として今でも多くのファンに愛聴されている。バンド解散後はデイヴ・エドモンズらと新バンド、ロックパイルを結成する一方、プロデューサーとしてエルヴィス・コステロ、プリテンダーズ、ダムドらを手がけ、英国ロックの発展に尽力。また、90年代にはライ・クーダー、ジョン・ハイアット、ジム・ケルトナーという米国屈指の強者ミュージシャンと伝説のグループ、リトル・ヴィレッジを結成し、世界中の通な音楽リスナーを唸らせた。

 2000年代以降も盟友ライ・クーダーやアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド、ウィルコとツアーをおこなうなど現在まで精力的に活動を続けており、コンスタントに来日も果たしているニック・ロウ。今年も4月30日と5月1日にビルボードライブ東京、5月4日にビルボードライブ大阪での公演が決定している。


◎公演情報
【ニック・ロウ】
2018年4月30日(月・祝)~5月1日(火)
ビルボードライブ東京

2018年5月4日(金・祝)
ビルボードライブ大阪

詳細:http://www.billboard-live.com/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい