【ビルボード】映画『グレイテスト・ショーマン』サントラが総合アルバム首位返り咲き 米津玄師は過去作品もチャート浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】映画『グレイテスト・ショーマン』サントラが総合アルバム首位返り咲き 米津玄師は過去作品もチャート浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】映画『グレイテスト・ショーマン』サントラが総合アルバム首位返り咲き 米津玄師は過去作品もチャート浮上

【ビルボード】映画『グレイテスト・ショーマン』サントラが総合アルバム首位返り咲き 米津玄師は過去作品もチャート浮上


 2018年3月26日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』が、今回で3回目となる総合首位を獲得した。

 前週、三浦大知『BEST』に“HOT ALBUMS”3連覇を阻まれた『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』。しかし、映画の公開以降、本作のチャート・アクションを支えているダウンロード・セールスはいまだ根強く、当週は8,521ユニットを売り上げて5週連続となるこの部門1位を獲得した。加えて、フィジカル・セールスも好調であり、13,825枚を売り上げてこの部門4位、累計売上は7万枚を突破している。そしてルックアップは5位と、9回目のチャートインにしてどの指標も隙がなく、この勢いはしばらく衰えることはなさそうだ。

 今回で20回目のチャートインとなった米津玄師『BOOTLEG』は、パッケージ・セールス7位、ダウンロード2位、ルックアップ1位をマークして、総合では前週4位から2位に浮上。ルックアップでは初登場から3位以内を堅守しており、レンタルを中心としたグレー・ユーザーへの拡がりがチャート上の動きからも窺える。

 また米津玄師は、『YANKEE』、『Bremen』、『diorama』の過去3作も当週の“HOT ALBUMS”にチャートインさせている。『YANKEE』は21位から15位、『Bremen』は35位から24位、『diorama』は82位から51位と、どの作品も前週から大きくジャンプアップしており、このことからも、『BOOTLEG』や3月14日にCDリリースされた最新シングル『Lemon』の露出を通じ、過去作品に触れる新規リスナーが着実に増え続けていることが予想できる。

 初週売上19,158枚を記録してパッケージ・セールス1位となったのは、斉藤和義の通算19枚目となるオリジナル・アルバム『Toys Blood MUSIC』。ダウンロードは10位、ルックアップは18位と他指標が少々伸び悩み、総合では3位に収まった。続く総合4位は、スキマスイッチの通算7枚目オリジナル・アルバム『新空間アルゴリズム』。パッケージ・セールス3位、ダウンロード3位、ルックアップ21位と、主にセールス面で好記録を残している。そしてトップ5ラストには、BUCK-TICKの通算21枚目となるオリジナル・アルバム『No.0』がチャートイン。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』V.A.
2位『BOOTLEG』米津玄師
3位『Toys Blood Music』斉藤和義
4位『新空間アルゴリズム』スキマスイッチ
5位『No.0』BUCK-TICK
6位『BEST』三浦大知
7位『Everybody!!』WANIMA
8位『Finally』安室奈美恵
9位『M.S.S.Phoenix』M.S.S Project
10位『I』JUJU
11位『スポットライト』FLOWER FLOWER
12位『GLORIOUS』東京スカパラダイスオーケストラ
13位『H.O.T』Nulbarich
14位『虚構集』Reol
15位『YANKEE』米津玄師
16位『NCT 2018 Empathy』NCT
17位『Color of Life』下野紘
18位『アンコール』back number
19位『juice』Little Glee Monster
20位『緑黄色社会』緑黄色社会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい