『3月15日はなんの日?』ライ・クーダーの誕生日、約6年ぶりの新作5月にリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月15日はなんの日?』ライ・クーダーの誕生日、約6年ぶりの新作5月にリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月15日はなんの日?』ライ・クーダーの誕生日、約6年ぶりの新作5月にリリース

『3月15日はなんの日?』ライ・クーダーの誕生日、約6年ぶりの新作5月にリリース


 3月15日はライ・クーダーの71歳の誕生日。

 ライ・クーダーは1947年3月15日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。スライドギターの名手であり、R&B、ブルース、カントリー、テックス・メックスなどアメリカに根付く多種多様な音楽を研究し、それを世界中の音楽リスナーへと紹介する“ルーツ・ミュージックの探求者”としても知られるライ・クーダー。その深い造詣はアメリカ大陸にとどまらず、アフリカからアジア・日本にまで及んでいる。

 “音楽をめぐる旅”を続け、世界中の音楽家たちと共演をおこなう一方、80年代にはヴィム・ヴェンダース監督の代表作でありロードムービーの傑作としても名高い『パリ、テキサス』(1984年)、2000年代にはウォン・カーウァイが監督を務め、ノラ・ジョーンズが主人公を演じた『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007年)など多数の映画音楽も手がけており、時代に流されない独自のスタンスで現在まで良質な音楽を紡ぎ続けている。

 71歳を迎えたクーダーは、5月に約6年ぶりとなる新作『The Prodigal Son』をリリース予定。現在リード・トラックの「Shrinking Man」が公開されている。


◎Ry Cooder - Shrinking Man
https://youtu.be/AiaPoKM6obI


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい