布袋寅泰“ギタリストHOTEI”イタリアで強烈なインパクトを残す! ズッケロのツアーにゲスト出演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

布袋寅泰“ギタリストHOTEI”イタリアで強烈なインパクトを残す! ズッケロのツアーにゲスト出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
布袋寅泰“ギタリストHOTEI”イタリアで強烈なインパクトを残す! ズッケロのツアーにゲスト出演

布袋寅泰“ギタリストHOTEI”イタリアで強烈なインパクトを残す! ズッケロのツアーにゲスト出演


 布袋寅泰が、イタリアの国民的アーティストであるズッケロ(Zucchero)が現在行っている【WANTED Italian Tour 2018】のトリノ公演(2月28日)とミラノ公演(3月2日)にスペシャルゲストとして出演。15,000人のイタリア人オーディエンスを熱狂させた。

 二人はこれまでも、2016年5月に六本木ヒルズアリーナで行われた日伊国交150周年記念イベント【Italia, amore mio!】、同年9月にイタリアのヴェローナと10月のイギリスのロイヤル・アルバート・ホールで行われたズッケロの単独公演や、布袋の日本ツアー、昨年イタリアの国民的テレビ番組である『サンレモ音楽祭』で共演するなど、親交を深めている。

 今回、布袋は2公演ともに4曲でゲスト出演。まず、3曲目「Ti voglio sposare」のイントロで「from Tokyo, Hotei!」とズッケロから呼び込まれる形で布袋がステージに登場。ズッケロとの共演を通じ、イタリアでの布袋のギタリストとしての知名度は高く、登場した際の歓声は期待感にあふれていた。そして演奏された「Ti voglio sposare」は、2016年にリリースされたズッケロのアルバム『Black Cat』収録曲で、レコーディングやミュージックビデオにも布袋自身が参加している。

 2度目の登場は、コンサート中盤「Iruben me」「Il mare」の2曲。バラード「Iruben me」の壮大で情熱的なギターソロを布袋が弾き終わった瞬間、15,000人のオーディエンスは総立ちとなり大歓声が沸き起こった。さらに熱狂的なアンコールで再登場し「Libidine」のうねるようなギターリフでズッケロとオーディエンスを踊らせ、“ギタリストHOTEI”として強烈なインパクトを残した。

 なお、布袋寅泰は10月20日にロンドンのシェファーズ・ブッシュ・エンパイアでの単独公演を控えているが、10月11日の初のミラノでヘッドラインショーを行うことが発表された。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい