アリアナ・グランデ、ファレルとマックス・マーティンプロデュースのニューALが完成 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アリアナ・グランデ、ファレルとマックス・マーティンプロデュースのニューALが完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アリアナ・グランデ、ファレルとマックス・マーティンプロデュースのニューALが完成

アリアナ・グランデ、ファレルとマックス・マーティンプロデュースのニューALが完成


 アリアナ・グランデの4枚目となるニュー・アルバムが完成しているとTMZが報じている。

 ファレル・ウィリアムスがアルバムを半分プロデュースしていることはすでに伝えられていたが、残り半分はアリアナの長年のコラボレーターであるマックス・マーティンが担当しているとのこと。音楽プロデューサーでソングライターのマーティンはアリアナの「プロブレムfeat.イギー・アゼリア」や「イントゥ・ユー」など、数々のヒット曲をプロデュースしていることからも新曲への期待が高まる。

 マネージャーのスクーター・ブラウンやリパブリック・レコードの幹部たちを相手に完成したニュー・アルバムのフル・リスニング・セッションを行ったとされるアリアナだが、新作はこれまでで最もパーソナルな内容になっているそうだ。

 それもそのはずで、2016年に『デンジャラス・ウーマン』をリリースしてからの彼女は様々な試練を乗り越え、人として大きく成長していると思われる。2017年5月にツアーで立ち寄った英マンチェスターのライブ会場で爆弾テロ事件が起こるという大きな苦難に直面した彼女だったが、犠牲者とその家族を支援する盛大なコンサートを成功させ、その寛大で品格ある対応が賞賛された。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい