SKY-HI 華麗に魅せた全国ツアー初日「君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SKY-HI 華麗に魅せた全国ツアー初日「君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
SKY-HI 華麗に魅せた全国ツアー初日「君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう」

SKY-HI 華麗に魅せた全国ツアー初日「君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう」


 SKY-HIが、全国ホールツアー【SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-】の初日公演を、2018年3月1日に埼玉県・大宮ソニックシティホール 大ホールで開催した。
SKY-HI ライブ写真(全3枚)

 SKY-HIはここ数年、冬の終わり頃から春にかけてホールツアー、秋から冬にかけてライブハウスツアーを回るのが恒例となっているが、今回注目すべきなのは「新作アルバムを引っ提げたツアー」ではないという点。会場に集まったFLYERS(SKY-HIのファンの愛称)のウキウキした表情は、何が起こるかわからないライブへの期待で胸が高鳴っている様子だった。

 まず、ギター、ベース、ドラム、キーボード、DJ、ホーンセクション、コーラスによるバンド+4人のダンサーによって構成されているお馴染みの頼もしい仲間たち、THE SUPER FLYERSが登場。そして「始めようか!」という声が鳴り響き、SKY-HIが登場した。オープニングを飾ったのは「BIG PARADE」。SKY-HIはホーンセクションとダンサーを率いてステージ上をパレードし、キレの良いダンスも披露しながら歌唱した。

 その後も様々な曲が一気に届けられていったが、お馴染みの曲にも新鮮なアレンジが施されており、ダンサーたちと共に繰り広げるダンスパフォーマンスが豊かな色合いの物語を映し出していく。また、エネルギッシュなダンスチューン、高速ラップ、胸にグッと迫るバラードなど、幅広いナンバーがインターバルをあまり挟むことなく、まるで1つの物語を描くように構成されていた。その合間に「逃げることだって戦うことの選択肢の1つだと思う。俺はお前のその選択を心から応援してやる!」と力強く宣言し、「改めて言わせてくれ。君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう」と言って「フリージア」を歌い始めた。

 終盤ではライブ初日に配信が開始された新曲「One Night Boogie」を披露。合間にはマイケル・ジャクソン、アース・ウインド&ファイアーの名曲のショートバージョンなどを盛り込み、ライブならではの臨場感に溢れたものに仕上げている。そして、SKY-HIがピアノを弾きながら歌った「クロノグラフ」や「アイリスライト」など、4月からスタートするテレビアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』のオープニングテーマソングとして書き下ろされた「Diver's High」、昨年10月にリリースされた配信限定企画アルバムに収録されていた「Marble」、大合唱を誘った代表曲の数々と、片時も目を離せない場面が続き、爽やかな熱気と共にライブはエンディングを迎えた。

 これまでに世に送り出してきた様々な楽曲と最新のナンバーに、フレッシュな息吹を注ぎ込んでいたこのライブ。ツアーは4月28日のロームシアター京都メインホールまで続く。



◎リリース情報
アルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』
2018/3/21 Release
<CD+DVD/Blu-ray(初回生産限定)>
AVC1-93847&48/B 5,800円(tax out)
※mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile専売商品
<CD+DVD/Blu-ray>
AVCD-93844&45/B 5,500円(tax out)
<CD>
AVCD-93846 2,800円(tax out)

アルバム『ベストカタリスト -Special Edition EP-』
2018/3/16 全CP&Subscription配信
アルバム価格:1050円


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい