菅田将暉「楽しい時間を共有したいから」 アーティストとしての活動も好調! 初の全国ツアー大盛況 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

菅田将暉「楽しい時間を共有したいから」 アーティストとしての活動も好調! 初の全国ツアー大盛況

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
菅田将暉「楽しい時間を共有したいから」 アーティストとしての活動も好調! 初の全国ツアー大盛況

菅田将暉「楽しい時間を共有したいから」 アーティストとしての活動も好調! 初の全国ツアー大盛況


 菅田将暉 初の全国ツアー【菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018】が、2月27日 渋谷クラブクアトロ公演をもってファイナルを迎えた。
菅田将暉 ライブ写真(全5枚)

 菅田将暉の全国ライブハウスツアー【菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018】は、チケット申し込みに5万通以上の応募が殺到。ツアーファイナル公演には約800人のファンで会場は超満員となった。ライブは最新シングル「さよならエレジー」でスタート。アコースティック・ギターをかき鳴らしながらエモーショナルな歌声を響かせると、超満員のフロアから大きな歓声が起きる。リズムに合わせて手を挙げ、笑顔で観客とコミュニケーションを取る菅田の姿も印象的だった。

 「菅田将暉です!よろしくお願いします!」という挨拶を挟み、「ばかになっちゃったのかな」(1st single「見たこともない景色」収録)、「雨が上がる頃に」(2nd Single「呼吸」 収録)」と抒情的なナンバーを披露。豊かな表現力を備えたボーカルで観客を魅了していく。映画『何者』で共演したバンドメンバーによるダイナミックなサウンドも、菅田の歌をしっかりと支えていた。

 「俳優業をやりながら、こうやってライブをやらせてもらっている理由は、楽しい時間を共有したいから。僕と一緒にこの時間を作ってください!」というMCの後は、カバー曲を次々と演奏。両親の影響で幼少の頃から親しんでいたという吉田拓郎の「今日までそして明日から」、さらに菅田が出演した映画『あゝ、荒野』主題歌 BRAHMAN「今夜」、『溺れるナイフ』主題歌 毛皮のマリーズ「コミック・ジェネレイション」、映画『火花』主題歌 ビートたけし「浅草キッド」も。楽曲のテイスト、歌詞の内容を生々しく体現する菅田のステージングも素晴らしい。

 ライブ後半では、石崎ひゅーいとの交流から生まれた「いいんだよ、きっと」「台詞」、渡辺大知(黒猫チェルシー)の提供曲「風になってゆく」など、デビューアルバム『PLAY』(3月21日リリース)の新曲がいち早く披露された。本編のラストは記念すべきデビューシングル「見たこともない景色」。熱を帯びた菅田の歌声に合わせて観客の大合唱が巻き起こり、会場のテンションはピークに達した。

 大きなコールに応えて再びステージに登場した菅田は「家でいちばん弾き語ってる曲です」という「茜色の夕日」(フジファブリック)をアコギの弾き語りで熱唱。さらに菅田自身が初めて作詞作曲を手がけた「ゆらゆら」、パンキッシュなロックナンバー「ピンクのアフロにカザールかけて」を初披露し、ライブはエンディングを迎えた。

 「本当に楽しいツアーだったし、終わるのが寂しい。できるなら、このメンバーと一緒にライブを続けていきたいです」と語った菅田。アルバム『PLAY』によって本格的に始まる“アーティスト・菅田将暉”の今後の活動にも大いに期待したい。


◎菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018 セットリスト
1 さよならエレジー
2 新・俺よ届け
3 ばかになっちゃったのかな
4 雨が上がる頃に
5 今日までそして明日から
6 呼吸
7 今夜
8 コミック・ジェネレイション
9 浅草キッド
10 いいんだよ、きっと
11 台詞
12 風になってゆく
13 見たこともない景色
 アンコール
14 茜色の夕日 (Acoustic ver.)
15 ゆらゆら
16 ピンクのアフロにカザールかけて ※渋谷クアトロのみ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい