May’n ミュージカル初出演にしてヒロイン&2役に挑戦

2018/02/26 09:56

May’n ミュージカル初出演にしてヒロイン&2役に挑戦
May’n ミュージカル初出演にしてヒロイン&2役に挑戦


 May’nが、今年10月に上演される新作ミュージカル【生きる】にヒロイン役で出演する。
 ダブルキャストで同役を演じるのは、ミュージカル界で活躍する注目の女優 唯月ふうか。 同作品は、世界に多くのファンを持つ映画監督 黒澤明の代表作『生きる』のミュージカル版。黒澤作品がミュージカルになるのは、世界初となる。
 主演は市村正親と鹿賀丈史がダブルキャストで演じ、演出は宮本亜門がつとめる。ヒロインの2人が演じるのは、胃がんとわかり自暴自棄になる主人公・渡辺勘治を勇気づける職場の同僚・小田切とよ役と、渡辺の息子の妻・一枝役の2役。公演ごとに、2役を交互に演じることになる。

◎May’n コメント
日頃よりミュージカルを観に行くことがすごく好きだったのですが、まさか自分が出演させて頂けるなんて、、!とびっくりしています。歌手としてデビュー13年目ではありますが、ミュージカルとしての歌、そして何より演技は初めての経験ですし、出演者の皆様と一緒に長期間の稽古をするということさえ未知な世界ですので、とても緊張しています。同じ役を演じる唯月ふうかさんは、『デスノートTHEMUSICAL』で拝見した時の印象がとても強く残っているのですが、沢山のミュージカルに出演されている素晴らしい女優さんだと思います。ご一緒出来るのをとても楽しみにしています。
今回、2役に挑戦しますが、とよ役は「無邪気に元気に、こんな子現実にいたら面白いなあっていう夢をつめこんで」、一枝は「わかるわかる、いるいる、という現実や日常をまとって」演じたいです。違うタイプの二役だからこそ、切り替えが難しそうでもあり、楽しそうでもあります。
“いつかミュージカルにでてみたい”と思っていた夢が叶う日が来るなんて!と、とても嬉しく思っています。初めてのことばかりで未知ではありますが、しっかりと稽古をして臨みたいと思います!毎日をがんばって生きるみなさまが、この作品を観た帰り道に少しでも違う明日を感じ生きられますように。わたしもしっかりと舞台で生きます!
◎唯月ふうか コメント
今回の舞台で、市村さんとは3度目、鹿賀さんとは2度目の共演になります。またご一緒できて嬉しいです。市村さんは、お芝居のアドバイスを下さったり、美味しいお店に連れてってくださったり、本当にお父さんのようにいつも気にかけて下さいます。
鹿賀さんとは、前回の作品では共演シーンが少なく、あまりお話できなかったので、今回は、お芝居のことなど、たくさんお話出来たら嬉しいなと思っています。
May’nさんにはお仕事で何度かお会いしたことがあり、コンサートも観に行かせて頂いたことがあります。とてもパワフルでかっこいい歌声なので、同じ役と聞いて、「もっと声量をつけないと…!」と思ってしまいました。お稽古していく中で、同じ役の中にも私らしさを見つけていけたらなと思います。
今回、2役を演じると聞いて「大変だ…」と正直思いました。
でも、なかなか経験出来ないことですので、自分を追い込んで乗り越えたいと思います。2役を演じている自分をまだ想像できませんが、お客様に「あれ。これ同じ人?」と思って頂けるように、しっかり演じ分けたいと思います!
2役出来るということは2倍大変かもしれませんが、私は2倍以上楽しんでやりたいと思います!!得るものが絶対に大きいと思うので、自分の役やお芝居の引き出しを沢山増やしたいです!ぜひ「生きる」観に来てください!」
◎公演情報
ミュージカル【生きる】
日程:2018年10月
場所:TBS赤坂ACTシアター
チケット発売:2018年6月(予定)
http://www.ikiru-musical.com/

あわせて読みたい

  • 役者として半世紀、市村正親 最近は老けメイクも「20分ぐらいで終わっちゃう」

    役者として半世紀、市村正親 最近は老けメイクも「20分ぐらいで終わっちゃう」

    週刊朝日

    10/3

    市村正親、「ミス・サイゴン」1週間の稽古でOK 「体に入ってるからね」

    市村正親、「ミス・サイゴン」1週間の稽古でOK 「体に入ってるからね」

    週刊朝日

    7/1

  • 鹿賀丈史の“料理の鉄人”衣装を借りたのは、あの人

    鹿賀丈史の“料理の鉄人”衣装を借りたのは、あの人

    週刊朝日

    12/21

    「優等生のかわいこちゃん」神田沙也加のファッションは個性がない?

    「優等生のかわいこちゃん」神田沙也加のファッションは個性がない?

    週刊朝日

    9/1

  • 武田真治、15年前の初ミュージカルに自責の念「認められるまでやめられない」

    武田真治、15年前の初ミュージカルに自責の念「認められるまでやめられない」

    週刊朝日

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す