ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる

ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる


 『ブラックパンサー:ザ・アルバム』収録曲「オール・ザ・スターズ」のミュージック・ビデオを巡り、ケンドリック・ラマーとシザが訴訟を起こされた。
「オール・ザ・スターズ」MV

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、英国/リベリア人アーティストのリナ・アイリス・ヴィクトル(Lina Iris Viktor)が、自身の“Constallations (星座)”と題された一連の絵画が無許可でMVに使用されたと訴えている。

 訴状で彼女は、2016年と2018年1月に映画の代理人から連絡を受け、作品を貸し出すか映画用に新作を作るよう要請されたが断ったと述べている。ところが製作者側は結局彼女のアートワークを無断で利用し、作品が持つ“ユニークな外見と印象”を模倣、“架空の動物の図案化されたモチーフ、黒い背景に浮かぶ金色の幾何学図形、特徴的なざらつきのある領域やパターン”などの“著作権で保護できるような特定の要素”を取ったと主張している。

 ヴィクトル側は損害賠償と、ケンドリックとシザがサントラのプロモーションの為に彼女のアートワークを利用することを禁じる差し止め命令を要求している。


◎「オール・ザ・スターズ」MV
https://youtu.be/JQbjS0_ZfJ0


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい