EXILE THE SECOND 新SG『アカシア』C/Wは「WON'T BE LONG」EXILE THE SECONDバージョン

2018/02/06 18:20

EXILE THE SECOND 新SG『アカシア』C/Wは「WON'T BE LONG」EXILE THE SECONDバージョン
EXILE THE SECOND 新SG『アカシア』C/Wは「WON'T BE LONG」EXILE THE SECONDバージョン


 EXILE THE SECONDが2018年2月22日、SECONDの日にリリースするニューシングル『アカシア』。本作の詳細が発表された。
 EXILE SHOKICHIが作詞/作曲を手掛けたタイトル曲「アカシア」は、“秘密の恋”の花言葉を持つ“アカシア”の花をモチーフに大人の恋を描いたナンバー。カップリングには大ヒット曲「WON'T BE LONG」のEXILE THE SECONDバージョンが収録される。SECONDらしさ溢れる、“Funky But Sexy”な仕上がりになっており、既にパフォーマンスをしているライブでも、盛り上がるナンバーとしてファンからの人気を得ている。

 初回盤には、2018年5月23日、24日に開催されるツアーファイナル公演の特別抽選受付シリアルを封入。オフィシャルファンクラブ&モバイルサイトでの追加特典は、「直筆(プリント)メッセージ&サイン入りオリジナル・アナザージャケット(6種から1種選択)」にプラスして、3月28日発売のニューアルバム『Highway Star』と数量限定セットの販売が決定している“オリジナル ルーム&ファブリックミスト”の香りが楽しめる「フレグランスカード(全1種)」が付いてくる。

◎リリース情報
シングル『アカシア』
2018/2/22 RELEASE
<CD>RZCD-86504 / 1,000円(tax out.)
アルバム『Highway Star』
2018/03/28 RELEASE
<CD+DVD3枚組>
RZCD-86541/B~D / 6,980円(tax out.)
※初回生産限定盤 / 三方背ケース・デジパック仕様 / フォトブック付き
<CD+Blu-ray Disc3枚組>
RZCD-86542/B~D / 7,980円(tax out.)
※初回生産限定盤/ 三方背ケース・デジパック仕様 / フォトブック付き
<CD+DVD>
RZCD-86543/B / 3,980円(tax out.)
<CD+Blu-ray Disc>
RZCD-86544/B / 4,980円(tax out.)
<CD>
RZCD-86545 / 2,980円(tax out.)
<<CD+DVD3枚組>+ルーム&ファブリックミスト[BOXケース入り] >
RZZ1-86546/B~D / 12,980円(tax out.)
※オフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定商品
<<CD+Blu-ray Disc3枚組> +ルーム&ファブリックミスト[BOXケース入り]>
RZZ1-86547/B~D / 13,980円(tax out.)
※オフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定商品

あわせて読みたい

  • GENERATIONS 初の単独ドームツアー2018春に開催決定

    GENERATIONS 初の単独ドームツアー2018春に開催決定

    Billboard JAPAN

    12/19

    EXILE THE SECOND 新AL『BORN TO BE WILD』全貌解禁&収録曲MV公開

    EXILE THE SECOND 新AL『BORN TO BE WILD』全貌解禁&収録曲MV公開

    Billboard JAPAN

    2/2

  • EXILE ATSUSHI、阪神タイガース秋山投手も出演する新曲「Put it on the line」MV公開

    EXILE ATSUSHI、阪神タイガース秋山投手も出演する新曲「Put it on the line」MV公開

    Billboard JAPAN

    4/28

    THE RAMPAGE、新曲「HARD HIT」dヒッツにて独占先行配信開始

    THE RAMPAGE、新曲「HARD HIT」dヒッツにて独占先行配信開始

    Billboard JAPAN

    7/11

  • EXILE HIRO「新しいEXILEを表現するGENERATIONSの想い」名曲「Lovers Again」カバー音源解禁

    EXILE HIRO「新しいEXILEを表現するGENERATIONSの想い」名曲「Lovers Again」カバー音源解禁

    Billboard JAPAN

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す