BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁

BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁


 BRIAN SHINSEKAIが、フルカワユタカ氏(ex.DOPING PANDA)ギター参加の「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」ミュージックビデオをYouTubeのBRIAN SHINSEKAI公式チャンネルで公開した(https://youtu.be/DwZ3byaJMM0)。
BRIAN SHINSEKAI MV

 1月24日にデビューアルバム『Entree』(アントレ)をリリースしたBRIAN SHINSEKAI。「東京ラビリンスft. フルカワユタカ」は、シティポップと歌謡曲を掛け合わせた、BRIAN SHINSEKAIならではのサウンドと世界観を持つ一曲。アルバム全体を通して様々なシチュエーションで繰り広げられるストーリーの中でも、重要なキーとなる。

 今回のフルカワユタカ氏とのコラボレーションは、BRIAN SHINSEKAIのラブコールによって実現したもので、フルカワユタカならではのカッティングギターが楽曲を鮮やかに彩っている。また、本日公開された「東京ラビリンスft. フルカワユタカ」のミュージックビデオは、前作「トゥナイト」に引き続き、注目の若手クリエイター坪井隆寛氏が手掛ける。

 BRIAN SHINSEKAIは、80~90年代ポップスをベースに、実験的な音楽“ノスタルジックエレクトロ”を奏でるプロジェクト。アルバム収録曲をサブスクリプションサービス限定で5ヶ月連続で先行公開していくという国内初のリリース形式を発表し話題となっており、これまでも6曲を先行配信してきた。

◎BRIAN SHINSEKAIコメント
 シティポップ×歌謡曲をテーマに掲げて書きました。ダフトパンクfeatナイルロジャースから始まった、chicのようなソウルフルなエレクトロの日本版・オリエンタルなversionを作りたく、フルカワユタカさんにカッティングメインのギターで参加いただきました。ドライではなく、ウェットなシティポップ・AORとなったと思います。イントロのギターは、プリンスの「kiss」の追悼オマージュです。


◎リリース情報
BRIAN SHINSEKAIデビューアルバム『Entree』(アントレ)
2018/1/24 RELEASE
VICL-64870 2,593円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい