ジェニファー・ロペス、スクリレックスとのコラボ曲はライブで初披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジェニファー・ロペス、スクリレックスとのコラボ曲はライブで初披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジェニファー・ロペス、スクリレックスとのコラボ曲はライブで初披露

ジェニファー・ロペス、スクリレックスとのコラボ曲はライブで初披露


 ジェニファー・ロペスが昨年3月、スクリレックスとスタジオにいる動画を公開して二人のコラボを示唆していた。その後リリースがないままファンをやきもきさせていた彼女だったが、2018年1月20日に米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催された【カリバッシュ 2018】でのステージでこの新曲を披露した。

 ファンが投稿した映像からは、待望の新曲がアゲアゲなラテン・ダンス・チューンだったことが分かる。エレキギターが随所で鳴り、ファンキーなドラムやエフェクトの掛かったボーカル・フックがキャッチーなこの曲はスクリレックスの高度な順応性を示しており、その完成度の高さからもジェニファーとの意思疎通がバッチリだったことがうかがえる。

 ジェニファーは満員の会場に向けて、「カルヴィンのリミックスにも乞うご期待!」と話しており、ダンス・ミュージックのカルヴィンといえばハリスしかいないだろうということで、ビッグネームとのコラボが続く。カルヴィン・ハリスは今年に入ってから『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol. 1』のサウンドから脱却すると宣言していることからも、どのようなリミックスになるのか期待が高まる。
 

◎ファンによる映像
https://youtu.be/giymkGTApRs


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい