米ビルボード年間チャート発表、ボン・ジョヴィ【ロックの殿堂】入り、U2新作がNo.1デビュー:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米ビルボード年間チャート発表、ボン・ジョヴィ【ロックの殿堂】入り、U2新作がNo.1デビュー:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

米ビルボード年間チャート発表、ボン・ジョヴィ【ロックの殿堂】入り、U2新作がNo.1デビュー:今週の洋楽まとめニュース

米ビルボード年間チャート発表、ボン・ジョヴィ【ロックの殿堂】入り、U2新作がNo.1デビュー:今週の洋楽まとめニュース


 今週の洋楽まとめニュースは、米ビルボードの年間チャートの話題から。2017年の年間ビルボード・ソング・チャートは、年明け1月6日にリリースされ通算12週の首位をマークしたエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」がNo.1に輝いた。そして、年間ビルボード・アルバム・チャートは、初登場から3週の首位をキープし、およそ4か月間にわたりTOP3にランクインするという驚異的なロングヒットを記録したケンドリック・ラマーの『DAMN.』が首位という結果となった。シングル、アルバム共に、ヒップホップ/R&B系のアーティストが上位を独占した2017年の年間チャート。2018年も引き続きブラック・ミュージックがチャートを支配するのか注目だ。

【米ビルボード年間ソング・チャート】エド・シーラン堂々の1位、ヒップホップ/R&Bアーティストが上位に多数ランクイン
【米ビルボード年間アルバム・チャート】驚異的ロングヒットとなったケンドリック・ラマー『DAMN.』首位、ブルーノ・マーズ自身最高位の2位

 続いて、2018年度の【ロックの殿堂】入りアーティストが発表された。現地時間2017年12月13日、初ノミネートとなったダイアー・ストレイツとムーディー・ブルースに加え、ボン・ジョヴィ、ザ・カーズ、ニーナ・シモンと、<Early Influence>としてシスター・ロゼッタ・サープが【ロックの殿堂】入りすることが明らかになった。ようやく殿堂入りを果たしたボン・ジョヴィはインタビューで、現在の心境や新しい音楽、そして元メンバーのリッチー・サンボラやアレック・ジョン・サッチなどについて語っており、授賞式に元メンバーも招待する意向を示している。

ボン・ジョヴィ/ニーナ・シモン/ザ・カーズ、【ロックの殿堂】入りするアーティストが決定
ジョン・ボン・ジョヴィ、【ロックの殿堂】授賞式に元メンバーも招待の意向「みんな笑顔で集まって歌うべき」

 今週、12月13日に28歳の誕生日を迎えたテイラー・スウィフト。この日、ついに彼女の最新作『レピュテーション』の全米ツアーのチケット販売がスタートし、同時にツアーのプロモーション映像も公開された。プロモ映像は、テイラーが今年行った“スーパー・サタデー・ナイト・パフォーマンス”の映像やアルバム収録曲のミュージック・ビデオの映像が織り交ぜられたものになっている。全米ツアーは来春キックオフする予定で、現在33公演を行う予定だ。また今週は、先週リリースされた「…レディ・フォー・イット?(ブラッドポップ・リミックス)」の中毒性高いリリック・ビデオも公開された。

テイラー・スウィフト、【レピュテーション・ツアー】のプロモ映像を公開
テイラー・スウィフト、「…レディ・フォー・イット?」ブラッドポップ・リミックスのリリック・ビデオ公開
『12月13日はなんの日?』テイラー・スウィフトの誕生日、新作『レピュテーション』も絶好調
テイラー・スウィフト、2ndアルバム『フィアレス』ダイアモンド認定 最新作も300万ユニット突破

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、U2の新作『ソングス・オブ・エクスペリエンス』がNo.1デビューを果たした。本作は、2014年の9月に発売された前作『ソングス・オブ・イノセンス』から3年振り、通算14作目となるスタジオ・アルバム。全米では、1987年にリリースした5thアルバム『ヨシュア・トゥリー』から1997年の9thアルバム『ポップ』までの5作と、2004年の11thアルバム『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』、2009年の12thアルバム『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』の2作に続く、8作目のNo.1獲得となる。初週のアルバム換算売上枚数は186,000枚で、2017年リリースのロック・アルバムでは最大のセールスとなった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】U2、ロック・バンドとして2017年最大の初動で堂々の首位
U2の新作が全米アルバム・チャート1位獲得で史上初の快挙達成

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、エド・シーランの3rdアルバム『÷(ディバイド)』から、4曲目のシングルとして9月26日にリリースされた「パーフェクト」が登場17週目で首位に到達した。これまでに2億6000万視聴を記録したミュージック・ビデオやストリーミング、セールス、エアプレイも好調で、オリジナル・バージョンも各国でヒットしていたが、12月1日にビヨンセとデュエットした新バージョンがリリースされたため、各ポイントがさらに上昇しNo.1を獲得した。また、先週21位にリエントリーした、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は今週11位まで上昇し、これまで獲得した最高位に並んだ。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーラン&ビヨンセ首位、「恋人たちのクリスマス」最高位11位に
エド・シーラン、A・ボチェッリとの「パーフェクト」オーケストラver.を今週リリース イタリア語で歌唱も
エド・シーラン、「一番売れない、でも一番愛されるような」ニューALの構想を明かす
エド・シーラン、エミネムとのコラボについて語る「閉じていると思っていたドアが無作為に開いた」


今週のその他の注目ニュース

ケンドリック・ラマー、最新インタビューで故プリンス/ドクター・ドレー/テイラー・スウィフトについて語る
BTS(防弾少年団)、米人気カウントダウン番組出演決定
リアーナ出演の全員女性『オーシャンズ8』、公式ポスターが公開
ダニー・ハサウェイの共作者としても知られる伝説的ソウル・シンガー、リロイ・ハトソンが初来日公演
故リル・ピープ、死因が明らかに


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加