落語家 桂歌丸「嬉しいやら、恥ずかしいやら」 珠玉の20演目を収録した『桂歌丸 名席集 CD-BOX』発売決定

2017/11/30 12:12

落語家 桂歌丸「嬉しいやら、恥ずかしいやら」 珠玉の20演目を収録した『桂歌丸 名席集 CD-BOX』発売決定
落語家 桂歌丸「嬉しいやら、恥ずかしいやら」 珠玉の20演目を収録した『桂歌丸 名席集 CD-BOX』発売決定


 御年81歳、落語歴は66年。2016年には国民的演芸バラエティ番組『笑点』の終身名誉司会者となったことも記憶に新しい落語家 桂歌丸。その桂歌丸の名演目ばかりを集めた『桂歌丸 名席集 CD-BOX』が、2018年3月7日に発売される。
 このCDは、東京の名物落語会「にっかん飛切落語会」(※)の膨大な記録音源の中から、桂歌丸本人手ずからこのCD化のためだけに20演目を厳選したという、大変特別な企画として実現したもの。当時40歳と落語家としてはまだ“若手”と言われる時代に録音された「夢金」(1977年1月録音)や、大ネタと言われる「髪結新三」の(上)(下)合わせて約80分(1997年5月、7月収録)などなど、どれも非常に貴重な演目ばかりが厳選され、収録されている。桂歌丸の名演落語をじっくりと楽しみたいファンにとって、まさに待望のCD-BOXだ。
 このCD発売に際して桂歌丸は「このたび、にっかん飛切落語会から私のCDが発売されることになりましたが、40年前の演目もあるということで、嬉しいやら、恥ずかしいやら。ご興味のある御方には、お楽しみいただければと思います。」とコメント。さらに、このCD-BOXの購入者には、期間限定で応募者全員に「後生鰻」(2013年9月収録)の映像が収録された特典DVDがプレゼントされる予定とのことだ。
※『にっかん飛切落語会』
1974年7月、高座に上がる機会の少ない若手落語家のため、五代目三遊亭圓楽と日刊スポーツ新聞社の協力の下にスタート。東西の人気落語家が競演する名物落語会として開催を継続し、銘を絶やさず、今日も未だに続く東京を代表する落語会。

◎リリース情報
『桂歌丸 名席集 CD-BOX』
2018/3/7 RELEASE
<CD10枚組(20演目)> PCCG.01650 22,000円(tax out.)
制作協力:日刊スポーツ新聞社
発売元:竹書房
販売元:ポニーキャニオン 
(C)2018 桂歌丸/日刊スポーツ新聞社
※BOX収録のCDをそれぞれ単巻でも発売いたします
(各2演目)PCCG.01651~01660 各2,200円(tax out.)
・CD-BOX購入者限定プレゼント企画
応募者全員に特典映像ディスク(DVD)をプレゼント!
特典収録予定映像:「後生鰻」 2013年9月26日 イイノホール 第347夜 にっかん飛切落語会
※応募締切2018年8月31日(金)迄。詳細はCD-BOX商品封入のチラシにて記載

あわせて読みたい

  • 歌丸師匠「笑いが取れるなら俺を墓に入れろ」 「笑点」で若手にかけた“宝物”の言葉

    歌丸師匠「笑いが取れるなら俺を墓に入れろ」 「笑点」で若手にかけた“宝物”の言葉

    AERA

    7/8

    昇太、小遊三、米助、歌春が語る歌丸師匠の爆笑秘話「実は亭主関白、野球で例えると、王貞治かな」【後編】

    昇太、小遊三、米助、歌春が語る歌丸師匠の爆笑秘話「実は亭主関白、野球で例えると、王貞治かな」【後編】

    週刊朝日

    7/3

  • 追悼 桂歌丸さん 一番弟子が明かす「歌丸動物園」「最後の言葉」

    追悼 桂歌丸さん 一番弟子が明かす「歌丸動物園」「最後の言葉」

    週刊朝日

    7/11

    桂歌丸さんの知られざる落語家としての矜持「大喜利の歌丸で終わりたくない。落語に帰る」

    桂歌丸さんの知られざる落語家としての矜持「大喜利の歌丸で終わりたくない。落語に帰る」

    AERA

    7/4

  • 「神です」たい平、笑点引退の歌丸を評すも心配ごとアリ…

    「神です」たい平、笑点引退の歌丸を評すも心配ごとアリ…

    週刊朝日

    5/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す