AERA dot.

1週間で平均3.31秒…映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』、制作期間に94週を費やしたメイキング映像公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

1週間で平均3.31秒…映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』、制作期間に94週を費やしたメイキング映像公開

1週間で平均3.31秒…映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』、制作期間に94週を費やしたメイキング映像公開


 11月18日に公開される映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の、メイキング映像が公開された。
映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』画像(全8枚)

 本編103分の本作を制作するのに費やされた期間は、約94週。少しずつ人形やセットを動かしながら撮影を進め、なんと1週間で制作される尺の平均は3.31秒ほどだという。映像ではそんな制作現場より、人形たちがどのように撮影されていたのか、精巧なセットの数々が作られる過程や3Dカラープリンターで人形が作られる様子などが映し出されている。
 
 キャラクターたちの風になびく衣装や、滑らかに動く髪に指、表情の細やかさが見所である本作。メインキャラクターであるクボの表情はそれぞれのパーツをはめ変えることで4,800万通りが可能となり、サルの顔の周りの毛は一本一本を接着剤でつけることで調整している。また、劇中でクボたちが戦う巨大骸骨は、ストップモーションアニメで作られた人形の中では最大の全長約4.9メートル。本作では初めて“ヘキサポッド”という装置を使用し、この巨大骸骨の動きを操作することに挑戦している。そんあ世界最高峰のクリエイターたちによる、想像を絶する努力と驚愕のアイディアがたっぷり詰まったメイキング映像となっている。なお、映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は11月18日より新宿バルト9ほか全国ロードショー。


◎『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』メイキング映像:
https://youtu.be/0AtQIxtawdc

◎公開情報
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
2017年11月18日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ
原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子
(C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加