『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日

『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日


 11月3日はイギリスのプログレッシヴ・ロック界を中心に活躍するスティーヴン・ウィルソンの50歳の誕生日。

 スティーヴン・ウィルソンは1967年11月3日、イギリス・ロンドン生まれ。90年代にポスト・ピンク・フロイドとして注目を集めたポーキュパイン・トゥリーの中心人物としてシーンに頭角を現し、その後はブラックフィールド、ストーム・コロージョンなどで活躍する一方、2008年にはソロ作品『インサージェンツ』も発表。以降は自身の創作活動のみならず、プロデュース業やエマーソン・レイク・アンド・パーマー、イエスなど多数の大御所バンドのリミックス/リマスターを手がけ、現在のプログレ界の最重要人物の1人としてマルチな活躍を続けている。最近ではジェントル・ジャイアントの初期音源のリマスターにも携わり話題に。ウィルソンは9月には2年ぶりとなるソロ新作『トゥ・ザ・ボーン』をリリース。同作をひっさげ2018年1月末よりヨーロッパ~北米~中南米をめぐる4か月の長期ツアーをキックオフする予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい