『10月29日はなんの日?』デュアン・オールマンの命日、ロック史に残る天才ギタリストの早すぎる死から46年

Billboard JAPAN

 10月29日はオールマン・ブラザーズのリーダー/ギタリストとして知られるデュアン・オールマンの命日。
 デュアン・オールマンは1946年11月20日、アメリカ・テネシー州ナッシュヴィル生まれ。10代の頃から弟のグレッグとともにR&B/ロックンロールの魅力に取り憑かれ、スタジオ・ミュージシャンを経てオールマン・ブラザーズ・バンドを結成し、1969年にレコード・デビュー。以降は精力的にツアーをおこない、一躍アメリカのロック界を牽引するバンドとなった。しかし、デュアンは人気絶頂のなか、1971年10月29日、交通事故により24歳で若すぎる死を迎えてしまう。同年7月にはのちにライブ盤の金字塔としてロック史に刻まれる名盤『フィルモア・イースト・ライヴ』を発表・ヒットさせたばかりだった。活動期間は短いものの、スタジオ・ミュージシャンとして、バンドのリード・ギタリストとして数々の名演を残しており、なかでもスライド・ギターの天才的なプレイはデュアンのトレードマーク。その後のロック界に与えた影響は計り知れない。
 今年1月にはオールマン・ブラザーズ・バンドの創立メンバーの1人であるドラマーのブッチ・トラックスが死去。そして、5月27日に弟のグレッグ・オールマンもこの世を去り、デュアンも眠るジョージア州メイコンのRose Hill Cemetery(ローズ・ヒル墓地)に埋葬されている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック