ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?【Chart insight of insight】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?【Chart insight of insight】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?【Chart insight of insight】

ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?【Chart insight of insight】

 今週のHot Albumsでは、およそ3年ぶり18枚目となったニュー・アルバム『THE DREAM QUEST』をリリースしたDREAMS COME TRUEが制した(【表1】)。セールスポイントもルックアップ(CDのPC読み取り数)も2位と大差を付けているが、やはりCDのセールス数は圧倒的だ。初週の累計だけで63,666枚という数字は、CDが売れなくなったと言われる音楽シーンにおいては安定した数字といえるだろう。

グラフ画像(全2枚)


 ただ、注目したいのは、デジタル面においてもリスナー層が広がっていることだ。ダウンロードでは約5,400ユニットを記録しており、彼らの実力がフィジカルのCDに限ったことではないことも実証された。加えて、今作では初めてSpotifyでの独占配信リリースも行われ、大々的なキャンペーンを仕掛けている。これまでは、大物アーティストの音源をサブスクリプション型のストリーミング配信で聴くというのは、日本ではまだまだという印象だったが、彼らが参入したことは非常に意味が大きく、日本の音楽シーンを大きく変えることになるかもしれない。


 もちろん、フィジカルのCDのリリース方法も、通常のCDのショップだけでなく、全国の郵便局でも発売されるというのも、新しい販路の開拓という意味でも注目すべき点だ。サブスクとは正反対のこういった試みも、常に新しいマーケットを模索している彼らならではの施策といえるだろう。


 この新作の動きに合わせるかのように、2年前にリリースされたベスト・アルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』もじわじわと再浮上してきており、今週のHot Albumsでは39位をマークしている(【表2】)。こちらも、少なからず配信でのポイントも含まれているはず。サブスクを解禁したことで、彼らの聴かれ方がどう変わっていくのかも今後注目しておきたい。Text:栗本斉


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい