Billboardによるハッカソン、ネストビジュアルをインタビュー「MR(複合現実)は、今後インフラになり得る」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

Billboardによるハッカソン、ネストビジュアルをインタビュー「MR(複合現実)は、今後インフラになり得る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

Billboardによるハッカソン、ネストビジュアルをインタビュー「MR(複合現実)は、今後インフラになり得る」

Billboardによるハッカソン、ネストビジュアルをインタビュー「MR(複合現実)は、今後インフラになり得る」

 エンタテインメント体験の拡張をテーマに開催されるCip協議会とBillboardによる【Live Hackasong】。2回目となる今年は、エンタテインメント体験の拡張をテーマに、NTT西日本、ネストビジュアル、レコチョク、1→10(ワン・トゥー・テン)の4社が参加する。


 ネストビジュアルが募集するのは、MR(複合現実)デバイスのHoloLensのコンテンツづくり。MRは次のインフラになり得ると考えている同社では、現在Microsoft社のHoloLensのアプリの自社開発を積極的に行っている。


 同社の植山耕成社長は、MRは建設業や都市開発、不動産、機械工学などでの活用が考えられると述べ、今回のハッカソンに参加してくれた人にHoloTonesを貸し出すとともに、コンテンツ制作を一緒に行えればと語った。


 Billboard JAPAN.comの特集ページ(http://www.billboard-japan.com/special/detail/2117)では同社のインタビュー全文を掲載中。


◎実施概要【Live Hackasong】
アイディアソン
2017年11月11日(土) 10:00~12:00
ビルボードライブ東京
ハッカソン2017年12月10日(日) 10:00~18:00 
慶應義塾大学三田キャンパス内g-sec
最終発表&表彰式
2018年1月30日(火) 
ビルボードライブ東京
http://www.billboard-japan.com/hack2017


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい