遊助(上地雄輔)「“1対みんな”じゃなくて“1対1”」7月からの全国ツアー終幕! 品川祐/SHOCK EYE(湘南乃風)登場も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

遊助(上地雄輔)「“1対みんな”じゃなくて“1対1”」7月からの全国ツアー終幕! 品川祐/SHOCK EYE(湘南乃風)登場も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
遊助(上地雄輔)「“1対みんな”じゃなくて“1対1”」7月からの全国ツアー終幕! 品川祐/SHOCK EYE(湘南乃風)登場も

遊助(上地雄輔)「“1対みんな”じゃなくて“1対1”」7月からの全国ツアー終幕! 品川祐/SHOCK EYE(湘南乃風)登場も

 アーティスト活動10周年目をまもなく迎える遊助(上地雄輔)が、9月29日 東京国際フォーラム・ホールAにて単独ライブツアー【遊助 LIVE TOUR 2017遊助祭「星」 ~あの・・星に願いを込めたんですケド。~】の追加公演を行ない、7月から全国をまわってきた全22公演のツアーを終えた。

遊助 ライブ写真(3枚)


 今年のツアーは、遊助が初めてドラム演奏を披露したり、パントマイム等も取り入れるという盛りだくさんな内容に。ライブ冒頭で、「明日への勇気とか元気を届けられるように改めて自分のつくった言葉、そして一曲一曲を大事にみなさんに伝えていきます。ここにいる全員が出演者・主役だと思って、“1対みんな”じゃなくて“1対1”だと思ってやりますので最後までよろしくお願いします。」と語りかける。歌にダンスに芝居にと毎年訪れるファンにも、初めて参加したファンにも驚きが詰まった演出となった。


 ツアーの最中では、4月にリリースした最新アルバム『あの・・いま脂のってるんですケド。』でコラボレーションしたアーティスト達が、事前告知無く登場するといった豪華サプライズもあり、大阪公演ではDOZAN11、遊助の地元である横須賀公演ではかりゆし58の前川真悟が登場し、コラボ曲を一緒に歌唱してファンを喜ばせた。


 そして最終日の国際フォーラムでは、当日ライブを見に来ていた品川祐が急遽ステージに上がり遊助と漫談を披露する場面も。更にプライベートでも親交が深い湘南乃風のSHOCK EYEがサプライズで駆けつけ、コラボ曲「Brother」「怪盗MAGNUM」遊turing SHOCK EYEを歌唱。SHOCK EYEは「たくさんの愛と勇気をいただきました。本当に遊助の真心が伝わるライブに感動しました。」と語り、この日だけしか見られないコラボレーションに会場は大興奮となった。


 ライブ終盤では「これからも一生ずっと一緒に頑張っていきましょう!」といつも力をもらっているファンへの感謝の気持ちを伝え、最後には、マイクを通さず耳に残るように大きな声で「ありがとうございました!」と叫び、温かい拍手に包まれる中でツアーは幕を閉じた。


 11月15日にはシングル『雑草より』をリリースする遊助。ツアーの合間を縫って作ったという楽曲にも注目が集まる。



◎リリース情報
シングル『雑草より』
2017/11/15 RELEASE
<初回生産限定盤A(CD+DVD)> SRCL 9557-9558 1,850円(tax in.)
<初回生産限定盤B(CD+DVD)> SRCL 9559-9560 1,850円(tax in.)
<通常盤(CD)> SRCL 9561 1,300円(tax in.)
http://www.yuusuke.jp/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい