故デヴィッド・ボウイ、『ブレードランナー2049』にキャスティングされていた 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故デヴィッド・ボウイ、『ブレードランナー2049』にキャスティングされていた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故デヴィッド・ボウイ、『ブレードランナー2049』にキャスティングされていた

故デヴィッド・ボウイ、『ブレードランナー2049』にキャスティングされていた

 2017年10月27日に公開される『ブレードランナー2049』で、当初故デヴィッド・ボウイが敵役のネアンデル・ウォレスを演じる予定だったと監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが明かした。


 ボウイは2016年1月に癌で亡くなり、代わりにジャレッド・レトがキャスティングされた。


 監督はMetro紙に対し、「我々の最初の候補は、“ブレードランナー”に色々な意味で影響を与えたデヴィッド・ボウイだった。訃報を聞いた時、彼のような人物を探した」と明かしている。


 他のキャスティングに関しては、主役のブレードランナー“K”は最初からライアン・ゴズリングに合わせて当て書きされ、「彼はパーフェクトだった」と監督は話している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい