『9月13日はなんの日?』2PACことトゥパック・シャクール21回目の命日、話題の伝記映画は12月日本公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『9月13日はなんの日?』2PACことトゥパック・シャクール21回目の命日、話題の伝記映画は12月日本公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『9月13日はなんの日?』2PACことトゥパック・シャクール21回目の命日、話題の伝記映画は12月日本公開

『9月13日はなんの日?』2PACことトゥパック・シャクール21回目の命日、話題の伝記映画は12月日本公開

 9月13日は1996年に25歳という若さで銃弾に倒れたラッパーの2PACことトゥパック・シャクールの21回目の命日。


 生前2枚の全米ビルボードNo.1を発表し、死の直後にリリースされた『ザ・7デイ・セオリー』(1996年)、そして2000年代に入ってからも『アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム 』(2001年)、『ロイヤル・トゥ・ザ・ゲーム』(2004年)と未発表音源を編集した作品で全米No.1を獲得してきた2PAC。衝撃的な死から21年の歳月が経過した今もなおシーンに与える影響は大きく、今年4月にはヒップホップ系アーティストとしてはグランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フューリアス・ファイヴ、Run-D.M.C.、ビースティ・ボーイズ、N.W.A.らに続き【ロックの殿堂】入りも果たしている。また、2PACの生涯と知られざる真実を描いた伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』が2PACの誕生日である6月16日に全米公開され話題に。日本では2017年12月に全国ロードショーが予定されている。



◎映画『オール・アイズ・オン・ミー』特報
https://youtu.be/YF8yN9LJ9wA


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい