ゲスの極み乙女。全国ツアー【丸三角ゲス】ファイナル公演で新曲初披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゲスの極み乙女。全国ツアー【丸三角ゲス】ファイナル公演で新曲初披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ゲスの極み乙女。全国ツアー【丸三角ゲス】ファイナル公演で新曲初披露

ゲスの極み乙女。全国ツアー【丸三角ゲス】ファイナル公演で新曲初披露

 2017年9月3日、ゲスの極み乙女。の全国ワンマンツアー『丸三角ゲス』のファイナル公演が日比谷野外大音楽堂で開催された。

【丸三角ゲス】写真(全11枚)


 8月から全9公演が行われた今回のツアーでは、ニューアルバム『達磨林檎』の収録曲を中心としたセットを披露。この日はツアーファイナルならではの趣向も多数盛り込まれ、全22曲が演奏された。


 開演時間を少し過ぎると、ステージに掲げられたバックドロップと同タイトルの新曲「あなたには負けない」のトラックが流れ出し、何とメンバーが客席後方から登場。オーディエンスの横を通り抜け、フロアの真ん中に4人が並び、歌いながら揃いの振り付けをすると、場内からは早くも大歓声が起こる。ほな・いこかの「えのぴょん、しっかりしてね」という台詞で曲を締め括ると、サポートのえつことささみおも現れ、川谷絵音の「踊ろうぜ!」という一言から「シアワセ林檎」へ。ほな・いこかがステージ前方に出てきて、川谷とデュエットを披露するお馴染みの演出で盛り上げた。


 ソウルフィーリングを感じさせる「影ソング」を終え、ちゃんMARIが「コポゥ!」でご挨拶。日比谷野音でのライブが2015年5月ぶりであることを話し、休日課長が「こんなにお客さん近かったっけ?」と印象を語ると、「ロマンスがありあまる」、「crying march」といった人気曲を演奏し、さらには『達磨林檎』の収録曲を立て続けに披露。オペラチックなコーラスがエキセントリックな印象を与える「某東京」、打ち込みを配した「心地艶やかに」、ファンキーな「ゲストーリー」など、ゲスの極み乙女。の音楽の多様性と先鋭性を示す楽曲が並んだ。


 「Dancer in the Dancer」をしっとりと披露し、ここでメンバーが一度ステージを後に。「いけないダンスダンスダンス」が流れ始め、曲の途中からえつことささみおがステージ中央で向かい合って歌うと、水色を基調とした衣装へと着替えたメンバーが再登場。ささみおのヴァイオリンをフィーチャーした「いけないダンス」へと繋げて行く。「DARUMASAN」に続いては、全員がステージ前方でダンスを踊り、そのまま、「だるまさんがころんだ」がスタート。一人動いてしまった休日課長のダンスタイムに突入すると、コミカルなダンスに会場は笑いと拍手で包まれた。


 えつこが川谷のギターを演奏した「ドレスを脱げ」から、ライブはアッパーなモードの後半戦に突入。えつことほな・いこかの誕生日に触れ、「アラサーでやるのは恥ずかしいんだけど」と笑って話しつつ、「アソビ」、「jajaumasan」といった初期の人気曲を演奏していく。続いて「曇ってる?」という川谷の問いかけに、オーディエンスが「月が出てるよ!」と応えると、「でも、星は見えないですね。星が降ってる中でやりたかったんですけど」と話し、「星降る夜に花束を」を披露。ラストは「キラーボール」で大盛り上がりの中、本編が終了した。


 アンコールでは「東京でやるのは初めて」という「私以外私じゃないの」のリミックスバージョンを披露。川谷とほな・いこかのデュエット、休日課長とちゃんMARIのソロをフィーチャーして、人気曲の別の顔を浮かび上がらせる。
MCで川谷は「ひさびさのツアーだったんですけど、お客さんの顔を見て安心したし、新しい音楽を作る原動力になりました。音楽でも自分の想いを吐き出せなくて、ちょっとたまってたんですけど、楽しんでくれてるお客さんの顔を見て、何とかなりそうなそうな気がしてます。『あなたには負けない』っていう曲名に特別な意味はないけど、でも俺が言わなきゃ誰が言うんだと思ってて、思ってることは言葉だけじゃなく、音楽にして返して行こうと思うので、これからもよろしくお願いします」と話し、ラストは「スレッドダンス」をエモーショナルに演奏。温かな拍手に包まれて、ツアーファイナルが幕を閉じた。


 なお、10月からは全国ワンマンツアー『ッアーーー!!!』の開催が既に決定。10月10日の赤坂BLITZを皮切りに、11月30日のZepp Osaka Baysideまで、全22公演が予定されている。また、新曲「あなたには負けない」は9月21日にiTunesプレオーダーがスタートし、10月10日より配信開始。「私以外私じゃないの」のリミックスも同時に配信される。


photo by 井手康郎



◎セットリスト
1.あなたには負けない
2.シアワセ林檎
3.サイデンティティ
4.影ソング
5.ロマンスがありあまる
6.crying march
7.某東京
8.午後のハイファイ
9.心地艶やかに
10.ゲストーリー
11.Dancer in the Dancer
~いけないダンスダンスダンス~
12.いけないダンス
13.DARUMASAN
14.ドレスを脱げ
15.アソビ
16.jajaumasan
17.星降る夜に花束を
18.だけど僕は
19.キラーボール


En1.私以外私じゃないの (Remix by PARKGOLF)
En2.ハツミ
En3.スレッドダンス


◎リリース情報
「あなたには負けない」
※2017/10/10 RELEASE(9/21 iTunesプレオーダースタート


<iTunesのみ>
1.あなたには負けない
2.まだ生きれるだろ
3.私以外私じゃないの (Remix by PARKGOLF)
4.ロマンスがありあまる (Remix by mabanua)


<その他配信サイト>
1.あなたには負けない
2.まだ生きれるだろ
3.私以外私じゃないの (Remix by PARKGOLF)


※ロマンスがありあまる (Remix by mabanua)はiTunes限定での配信


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい