Aimer、新たな物語を紡ぎ始めた【Live in 武道館】を振り返る

2017/09/01 12:05

 2017年8月29日、Aimerによる自身初の日本武道館単独公演【Aimer Live in 武道館 “blanc et noir”】が開催された。2011年にデビュー・シングル『六等星の夜 / 悲しみはオーロラに / TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』をリリースして彗星の如くシーンに舞い降りたAimerは、謎多きシンガーだった。写真やメディアで顔を出さず、パーソナルなプロフィールもほとんどが非公表。しかしその歌声の魅力はプリミティブであるが故に、彼女のファン層は様々で、武道館に集結した13,000人の観客は若者から高齢者、家族連れまでが入り混じっていた。

あわせて読みたい

  • Aimer初の武道館ワンマンが映像作品化、アイスランド撮影のショートフィルムも収録

    Aimer初の武道館ワンマンが映像作品化、アイスランド撮影のショートフィルムも収録

    Billboard JAPAN

    10/18

    Aimer、プラネタリウム“天空”のリニューアル・テーマソングを担当

    Aimer、プラネタリウム“天空”のリニューアル・テーマソングを担当

    Billboard JAPAN

    8/30

  • Aimerのニューシングルを梶浦由記がプロデュース

    Aimerのニューシングルを梶浦由記がプロデュース

    Billboard JAPAN

    7/31

    Aimer、TVアニメ『恋は雨上がりのように』ED曲を2018年2月リリース

    Aimer、TVアニメ『恋は雨上がりのように』ED曲を2018年2月リリース

    Billboard JAPAN

    11/6

  • Aimerの新曲「花の唄」MVに浜辺美波、映画『Fate/stay night [Heaven's Feel]』の世界観を表現

    Aimerの新曲「花の唄」MVに浜辺美波、映画『Fate/stay night [Heaven's Feel]』の世界観を表現

    Billboard JAPAN

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す