チャンス・ザ・ラッパーとブルーノ・マーズがコラボ!? ネット上のやりとりにファン騒然 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チャンス・ザ・ラッパーとブルーノ・マーズがコラボ!? ネット上のやりとりにファン騒然

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チャンス・ザ・ラッパーとブルーノ・マーズがコラボ!? ネット上のやりとりにファン騒然

チャンス・ザ・ラッパーとブルーノ・マーズがコラボ!? ネット上のやりとりにファン騒然

 猛スピードでスターダムに駆け上がったチャンス・ザ・ラッパーは、他のアーティストからも尊敬されているようだ。先週末、Twitterでファンとやりとりしていた彼は、意外とも思えるコラボレーションの可能性を示唆してファンを喜ばせた。


 ファンの一人が、「なあ、昨夜一緒にいたのを見たよ。親友になったんだろ?コラボするんだよね?よかった、ありがとう」とチャンスとジョン・メイヤー宛にツイートしたところ、チャンスが一言「Yes」と返事をしてネットが騒然となった。そしてチャンスの返事を知ったメイヤーも「Cosigned」(連署した)と投稿して乗り気であることをアピールした。


 そして同じ頃にファンとTwitterでQ&Aセッションを行なっていたブルーノ・マーズが、ファンから寄せられた“誰とコラボしたい?”との問いに一言、“@chancetherapper(チャンス・ザ・ラッパー)”と返し、たまたまそのQ&Aから別の返事をリツイートしたばかりだったチャンスを一瞬混乱させた。


 大スターからの直々のご指名にチャンスは、「ちょっと待って、WTF(なんてこった)。あんたのページからいい答えをリツイートしたと思ったら、俺と何かしたいんだって?!実現させようぜ、もう振り付けのアイデアもできてる」とコメントを添えてブルーノの返事を引用リツイートした。


 先輩アーティストたちからのラブコールに加え、この週末には弟のテイラー・ベネットが「Gimmie a Call」(ギミー・ア・コール)と題された兄弟とソーシャル・エクスペリメントとのコラボ音源を発掘してSoundcloudにアップロードした。ゴスペル風コーラスワーク、ボイパ、ラップをフィーチャーし、楽器は時折聞こえるシンプルなキーボードのループのみという、全編ほぼアカペラのアップテンポで楽しげなナンバーだ。



◎チャンス・ザ・ラッパーによる投稿
https://twitter.com/chancetherapper/status/898965797690802177
https://twitter.com/chancetherapper/status/898965797690802177
https://twitter.com/chancetherapper/status/899342641728507907


◎「Gimmie a Call」音源
https://soundcloud.com/taylorbennetttunes/chano-x-sox-ft-taylor-bennett-gimmie-a-call


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい