ロード&ジャック・アントノフ、SFのフェスでポール・サイモンをカヴァー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ロード&ジャック・アントノフ、SFのフェスでポール・サイモンをカヴァー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ロード&ジャック・アントノフ、SFのフェスでポール・サイモンをカヴァー

ロード&ジャック・アントノフ、SFのフェスでポール・サイモンをカヴァー

 現地時間2017年8月13日に米サンフランシスコにて開催された音楽フェス【Outside Lands Festival】でロードが、ジャック・アントノフとともにポール・サイモンの名曲「僕とフリオと校庭で(Me and Julio Down by the Schoolyard)」をカヴァーした。


 ステージの端に座った2人は、ジャックのアコースティック・ギターを伴奏に仲睦まじく同曲をカヴァー。途中ロードにマイクを向けられたジャックは、歌詞を間違え、笑ってしまいながらも必死に歌い、詞の“フリオと校庭で”の部分をロードの本名とフェスが開催された公園の名前“エラとゴールデン・ゲート・パークで”と替え歌にして披露すると、ロードと観客は大喜び、大歓声が上がった。


 ジャックのガールフレンドであるレナ・ダナムを通じて知り合ったは2人は、ロードの2ndアルバム『メロドラマ』の制作を通じて親交を深め、米人気バラエティー番組『サタデー・ナイト・ライブ』などでも共演を果たしている。



◎Lorde and Jack Antonoff covering Me and Julio down by the school yard by Paul Simon
https://youtu.be/HG61yp1oazM


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい