ドレイク、初開催の【NBAアワード】授賞式の司会に抜擢

Billboard JAPAN

 今年初開催される【NBAアワード】授賞式の司会にドレイクが抜擢された。ドレイクにとって司会の大役は2014年の【ESPY賞】授賞式に続いて2度目となる。


 【NBAアワード】は、2017年6月26日(現地時間)に米ニューヨークのピア36にあるバスケットボール・シティで開催され、米ケーブルTV局TNTで放映される。カテゴリーは<Kia NBA Most Valuable Player>(シーズンMVP)、<Kia NBA Rookie of the Year>(最優秀新人賞)、<Kia NBA Sixth Man Award>(シックスマン賞)、<Kia NBA Defensive Player of the Year>(最優秀守備選手賞)、<Kia NBA Most Improved Player>(最成長選手賞)、<NBA Coach of the Year>(最優秀コーチ賞)などがあり、SNSやファン投票により受賞者が決定される追加カテゴリーもTNTの『Inside the NBA』で4月27日に発表される予定だ。


 ドレイクは故郷トロントのNBAチーム、ラプターズの“グローバル・アンバサダー”を2013年から務めていて、毎年ホームで【ドレイク・ナイト】を開催している。試合も頻繁にVIP席で観戦し、2016年の【NBAオールスター・セレブリティ・ゲーム】のコーチを務めるするほどのNBAファンとして知られる。


◎ドレイクによる投稿
https://twitter.com/Drake/status/856870559841484800

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック